「第1感」マルコム・グラッドウェル

| コメント(0) |
第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
マルコム・グラッドウェル
光文社
売り上げランキング: 6259


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■人が生きていくなかでは、
 常に判断をしています。

 今日の一冊は、
 その判断における、
 第1感の大切さを調べていきます。


■骨董品を一瞬に評価する鑑定家、
 夫の不貞を一瞬に見抜く主婦、
 上司の能力を一瞬に見抜く部下、

 これらは人間の洞察力を
 証明しています。


 しかし、そうした素晴らしい洞察力を
 もった人間が、判断を誤ることもあるのです。
 
 不動産取引を規制したら、金融が崩壊してしまった。
 コカコーラの味を変えてしまったら、売れなくなった。
 CDに固執したら、iPadにシェアを取られてしまった。

 不思議なものですね。


・市場調査がいつも間違っているわけではない。・・・
 しかし、革新的な製品やアイデアを調査するとなると
 話は別だ。・・・彼の音楽は新しくて変わっていた。
 そういうものこそ、市場調査で敬遠されやすいのだ(p179)


■さらに、第1感が間違える(勘違い)
 ということもあるわけで、
 人生、単純ではありません。

 これらのことを理解したうえで、
 自分の人生で判断していきたいものです。


 グラッドウェルさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・実は余計な情報はただ無用なだけでなく、有害でもある。
 問題をややこしくするからだ。心臓発作を予測しようとして
 医者が誤るのは、たくさんの情報を検討しすぎるからだ(p142)


・ゴッドマンは夫婦に、二人の結婚生活について
 直接尋ねるのではなく、結婚生活にかかわりのあることを
 話してもらう。たとえばペットについて。・・・
 微妙な口調の変化などである。・・・遠回しに問題の
 核心に迫る。・・・要領よく真相に近づける(p44)


・見た目の罠・・・調査した男性CEOの平均身長は
 182センチほどだった。アメリカ人男性全体の
 平均は175センチだから、それより7センチ高い(p93)


第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
マルコム・グラッドウェル
光文社
売り上げランキング: 6259


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)