「意欲"を引き出すマジック・ワード―NLP(神経言語プログラミング)活用実例集〈VOL.2〉」チームドルフィン

|

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■NLPとは、セラピストのベストプラクティスを
 体系化したものです。


 単純に技術的にはコーチングに
 近いものがありますが、
 幅はもっと広い。


 こうした体系化は、やはり
 欧米が強いですね。


■知識を学ぶだけでなく、
 自分に活用していきたいものです。


 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・NLPの基本前提の中に
 「コミュニケーションとは相手の意欲を引き出す事」
 というのがあります(p18)


・「・・・もし、言えたとしましょうか、
 そうしたらどうですか?」(p34)


・「事業を立ち上げたい。」というアウトカムがあった場合、
 その「事業を立ち上げた」未来の状態を体験してもらって、
 「何が見えますか?何か聞こえますか?
 体の感じはどうですか?」と質問します(p50)


・「  ・・今何してた?」
 「・・淳は、どう思ってた?どう感じた?・・・」
 「いやだと思った。痛いときもあるし。」
 「淳がいやだと思っている・・・・どう?」
 「わかった。ごめんなさい」・・(p130)


・どうして学校に行きたくなくなったのだろう・・・
 NLPで、「その人の心にある問題は、
 その人自身が解決していくこと。
 誰もが自ら解決する力をもっている」
 と学んだときから、
 わたしは彼女への問いかけが変わりました。
 「何をしている時が一番楽しい?
 どんなことをしてみたい?(p143)


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

●第1章 年間報酬3000万円を実現し、1億円超えも現実的になる「年収戦略」の違い
●第2章 嫌な客をシャットアウトし客単価も7倍になる「営業戦略」の違い
●第3章 時給5万円のコンサルフィーを獲得する「対人スキル」の違い
●第4章 年収1000万円超えが当たり前になってしまう「マインド」の違い
●第5章 500人以上に伝授した業種・業態・規模関係なく使える
「コンサルスキル」の違い
●第6章 億万長者も実践している1冊の本を100回反復する「学習戦略」の違い


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)