本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「バウドリーノ」ウンベルト・エーコ

(2011年4月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

バウドリーノ(上)バウドリーノ(下)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■12世紀、中世、十字軍の時代、
 神聖ローマ皇帝フリードリヒの生涯。


 そのフリードリヒの生涯を
 養子バウドリーノが
 歴史家ニケタスに語ります。


 塩野七生さんの本で十字軍の時代は
 読んでいましたが、
 どうしても表面的になりがち。


 その点、歴史小説のようなこの本なら、
 当時のキリスト教の権力争いや、
 当時のローマは、パリのイメージが
 ふくらみます。


・コンスタンティノープルに比べれば、
 ローマは瓦礫の山、
 パリは泥だらけの村にすぎません・・(p44)


■当時は、権力を得るために、
 武力と権威を使っていた。


 戦争に負ければ、
 略奪、虐殺される。


 地球が丸いのか、平坦なのか、
 わからなかった。


 中世を身近に感じることが
 できるのです。


 エーコさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 世俗世界は・・・嘘しかつかない嘘つきを断罪するが、
 このうえなく大きなことについての嘘をつく
 詩人を賞賛する。(p59)


・善をなすために皇帝は権力を行使できるが、
 権力を保つには悪をなさねばならないのです(p326)


・司祭ヨハネはきっと実在している、
 ペルシャ人とアルメニア人の土地の向こう側に・・・
 フリードリヒを東方へかりたてよ(p76)


・人生があまりにも短く、
 世界じゅうを移動することがかなわない以上、
 それらを知るには、あらゆる書物を読むしかないと
 悟るのです(p91)


バウドリーノ(上)
ウンベルト・エーコ
岩波書店
売り上げランキング: 6222

バウドリーノ(下)
バウドリーノ(下)
posted with Amazonアソシエイト at 19.10.26
ウンベルト・エーコ
岩波書店
売り上げランキング: 179,315

【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: