人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「信じた道がいつか本当の道になるように―ガチで徒歩日本一周721日の旅」大場 祐輔

2011/01/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

信じた道がいつか本当の道になるように―ガチで徒歩日本一周721日の旅

【私の評価】★★★★☆(86点)


■テレビで「徒歩で測量しながら地図を作る」
 という番組をやっていました。


 距離と角度を測りながら海岸線を
 移動してくのは大変です。


 江戸時代に、実際に日本の地図を作った人の苦労が
 よくわかりました。


 そして、なんと!テレビを見ている手元に
 「日本の海岸線を徒歩で一周した男
 の本があったのです。


・「徒歩日本一周
 俺ならできると思った。
 何の根拠もなく、そう思った。
 あるのは「根拠のない自信」だけだった(p4)


■ディズニーランドを出発した大場さんは、
 途中でアルバイトをしながら、
 2年以上かかって日本の沿岸を歩いて一周しました。


 歩いて、アルバイトをしているうちに、
 大場さんが成長していくのが
 よくわかります。


 「俺には、北海道の大きさがわかる」と
 自信を持って言えるのは、
 本当に歩いた人ならではでしょう。


・まさに、北海道は「でっかいどう」だった。
 俺はちゃんと歩いたから、
 北海道の大きさは分かる。(p79)


■すごいことをやっている人を見ると、
 すごい!と思いますが、
 自分がすごいことをやっていると
 そうでもないことがあります。


 その感覚はやってみなければ、
 わからない。
 しかし、この本を読めば少しだけ
 わかります。


 大場さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・函館山の頂上に着くと、
 日本地図と同じ北海道の形が少し見えた。
 俺は少し感動した。
 おおー、すげえな。日本地図のままじゃん。
 最初に地図を作った人はすげえな。(p37)


・今、自分がするべきことをしっかりやっていれば、 
 胸は張れる。・・・
 先のことは分からないけれど・・
 俺も歩き続けるだけだ。
 「とりあえず、今は、歩いとけ!」
 今、やっていることに、なんの疑問もいらない。(p124)


・生きていくには、お金が必要だ。
 何をするにしても、お金は必要だ。・・・
 本当にお金を活かす生き方というのは、
 シンプルな生き方なのではないかと俺は思っている。・・・
 今はリュックも小さく軽い。
 だから、靴も軽いスニーカーでいい・・・
 生きていくには、
 シンプル・イズ・ベストである(p197)


・アイデアやひらめきを形にすることって、
 結構、パワーがいるんじゃないかと思う。
 そう考えると、発明って「アイデア」だけではなく、
 「行動力」がないと
 生まれないんだろうなって思う。(p206)


【私の評価】★★★★☆(86点)


■著者紹介・・・大場 祐輔(おおば ゆうすけ)

 1981年生まれ。
 プロレスラー大仁田厚が「徒歩日本一周」に
 挑戦したことを知り衝撃を受け、大学卒業後、
 自ら「徒歩日本一周」に挑戦。
 2003年4月に東京ディズニーランドを出発し、
 721日目の2005年3月に東京ディズニーランドにゴール。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

[信じた道がいつか本当の道になるように]

を体験してみたい。


同じカテゴリーの書籍: