本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「モチベーション3.0」ダニエル・ピンク

2010/10/16公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■著者の定義する「やる気」とは、
 本能に基づくものが「モチベーション1.0」。


 アメとムチによるものが
 「モチベーション2.0」


 そして、人の役に立ちたいという思い、
 心の内から湧き出るやる気、ボランティア精神が、
 「モチベーション3.0」です。


■「モチベーション3.0」が見える例としては、
 ウィキペディア。


 多くの人がボランティアで、
 インターネット上に百科事典を作っており、
 いまも発展しています。


 パソコンOSでさえ、多くの人が無償で開発し、
 リナックスとして使われています。


・マイクロソフトは、ディスクやオンラインで16年間
 提供してきたMSNエンカルタのサービスを終了した。
 ・・・ウィキペディアは、世界で最大規模と人気を誇る
 百科事典へと成長を遂げた。(p39)


■結局、「モチベーション3.0」って、
 マズローの自己実現欲求じゃないの・・・
 と思うのですが。


 インターネットの世界で、
 自己実現がやりやすくなっているのかもしれません。


 ピンクさん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・具体的でない報酬を検討することだ。・・・
 賞賛やポジティブなフィードバックは、
 金銭や商品よりもずっと害が少ない。(p104)


・ダクラス・マクレガーらが指摘したように、
 自分で自分の勤務評定を作成するのが
 よいのではないかと思う。(p217)


・アンダース・エリクソンの研究・・・
 「かつては天賦の才だと思われていた多くの資質が、
  実は、少なくとも10年間の厳しい訓練の
  結果であると判明した」(p179)


・ドゥエックの代表的な知見は、人の信念が
 熟達の内容を決定づける、というものだ。・・・
 自分自身と自分の能力に対して抱く
 わたしたちの信念・・が、
 自らの経験に対する解釈を定め、
 熟達の限界をも定めてしまう可能性がある、
 という(p174)


モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)
ダニエル・ピンク
講談社
売り上げランキング: 5,242

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: