人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ヤクザが恐喝(ゆす)りにやってきた 暴力団撃退マニュアル」宮本 照夫

2010/08/27公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザが恐喝りにやってきた 暴力団撃退マニュアル (朝日文庫)


【私の評価】★★★☆☆(79点)


■相撲の世界でも大問題となっていますが、
 暴力団と付き合わないための事例本です。


 著者は、暴力団と付き合わずに
 40年も飲食店を経営してきたそうです。


 そしてその間に100人以上のヤクザを
 撃退してきたとのこと。


・ヤクザが店に来て、大きな声で騒いだとする。
 これで110番の一回目。
 こんなことを四、五回続けて嫌がらせをされたら、
 その都度110番しておけば、
 あわよくば、「合わせ技一本」
 で逮捕ということもあるのだ。(p221)


■対応はシンプルで、とにかく最初から
 暴力団関係の方との接触、仕事は
 一切、断ること。


 そして、暴力団と店でトラブルになったら
 記録を取り、警察に連絡すること。


 しかし、本書のトラブル事例を読むと、
 いかにそれが難しいかがわかります。


・トラブルに遭遇したり、困ったりしたことが起きたら、
 必ず記録を残し、相手とのやりとりをテープに
 録っておいた方がいい。相手がヤクザでなくても、 
 揉め事というのはややこしいものだし、
 人間の記憶ほど曖昧なものはない。(p175)


■確かに学校では暴力団との付き合い方は
 教えてくれません。


 相撲協会の方と一緒に本書を読みましょう。
 宮本さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「学校の教科書には、社会にヤクザという生き物がいるので
 気をつけろ、なんて一行も出ていないし、
 学校の先生や大学教授だって教えてくれたことなどなかった。
 私の受けた教育とはいったい何だったのだろうか」と
 私に愚痴をこぼした(p213)


・宴会の予約が入ったとき私は必ずこう聞く。
 「暴力団関係者は入っていませんね」
 新しく従業員を雇うときはこう聞く
 「暴力団関係者との付き合いはないね?」(p224)


・新宿歌舞伎町界隈に暴力団事務所等が二百個所以上あり・・・
 夜になると、若い組員が「地回り」をして、自分たちの縄張り
 を跋扈してみせる・・・多くの風俗業者が、不況の中で
 必死に店を切り盛りしているというのに。(p258)



【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: