本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける」山口 絵理子

2010/08/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■バングラディッシュでカバンを作っている
 山口さんの一冊です。


 途上国でも、良い製品を作ることができる!
 それが途上国への最大の貢献だと
 思って活動されている方です。


 今回はネパールに挑戦しました。


■はやり途上国では、
 日本ではありえないトラブルに会うことに
 なります。


 人が突然辞める、工場を一週間で出ていけと言われる、
 機械が手に入らない、脅される・・・。


 日本人では、想像できないような
 ことが普通に起こるんですね。


・一日のうち、電気が利用できるのは、せいぜい6時間。
 あとの18時間は停電だ。・・・ネパール(p146)


■こうしたトラブル体験を聞いていると、
 やはりその国が途上国であるのは
 それなりの理由があり、
 日本が発展したのもそれなりの理由が
 あるということがわかります。


 これから、途上国で仕事をされる方なら、
 この本を読んで、事前に心の準備しておいた
 ほうが良いと感じました。


 山口さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・バングラディッシュでは、
 労働力の流動性がきわめて高い。
 工場を転々とする人たちも多くいる。
 工場の先行きが危ないと思ったら、
 忠実さなんてまったくなく、
 突然来なくなる人たちもいる(p83)


・銃撃戦やテロ、道路封鎖、ストライキ・・・
 さまざまな場面に遭遇し、その中で生活していると、
 「生きている」ってことだけで、
 大きな感謝を抱かずにはいられない。(p114)


・人生とは、私はまさにその使命を探すための
 長い道のりなんじゃないかと思う。(p115)


・中国人がネパールの首都・カトマンズに原材料を
 供給する際、パシュミナにウールや
 シルクを混ぜて偽っている・・・
 原材料をこの目で見たいと訴えると、
 身の危険があるからと、
 止められる始末だった。(p151)


・仕事上の工具や、ネパールにない素材を他国から
 輸入して入手しようとしても、
 つねに何かが欠けている、あるいは、
 届いたものに不備があるのだ。(p186)


・一番大事なのは人間がグリーディー(欲張り)か
 クリーン(正直)か。
 エリコを最初に彼に会わせたのは、
 人間としてクリーンだから、それだけだ(p226)


裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)
山口 絵理子
講談社
売り上げランキング: 3618
おすすめ度の平均: 4.5
1 自伝的なのろけ本?
5 私と重ねて
5 自分がどれだけ甘ったれか教えてくれた本。
5 元気づけられます。
5 生き方を教えられる書

【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: