本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記」山口 絵理子

2009/11/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)

【私の評価】★★★★★(91点)


■バングラディッシュでカバンを生産し、
 日本で売っている女性の半生です。


 彼女は、大学のインターンで
 国際援助機関で働きはじめました。


 しかし、その現場から隔離した世界に疑問を持ち、
 途上国へ実際に行ってみることを決心。


 最貧国のバングラディッシュの大学院に入学しました。


■昼は現地の商社のインターンとして働き、
 夜は大学院で勉強する生活です。


 そうした生活の中で、彼女の中にどうして
 この国はこんなに貧しいのか。


 安いからという理由だけで、
 バングラディッシュで生産し、 
 先進国に輸出することが正しいのか?


 彼女の中で疑問は大きくなっていったのです。


・スラムを見たときの衝撃は、ずっと頭から離れなかった。
 私はどうして日本に生まれたんだろう。
 このスラムの中で生まれていたら・・・(p77)


■そうした疑問の中から、彼女は、
 バングラディッシュで品質のよい製品を作り、
 ブランドとして日本で売る、という
 アイディアがひらめきました。


 彼女はさっそく工場探しを始めます。
 工場を見つけても、騙される。

 品質は良くならない。

 日本でなかなか売れない・・・。

 はじめてやることは失敗すると決まっています。

 それでも彼女はあきらめませんでした・・・。


・あるメディアの取材を受けたとき、 
 自分が話したことと違うニュアンスで、私のことが書かれた。
 その記者さんに、・・・書き直しをお願いした。
 すると記者さんは、
 「みんなが自分を応援しているなんて、勘違いするな!」
 と言った。(p184)


■驚くほど涙が書かれてある一冊です。


 いいなあ。涙が出るくらい真剣に仕事をしてみたいと
 思いました。


 成功哲学書の「絶対にあきらめない」という言葉を
 1万回読んでもこの本にはかなわないでしょう。


 彼女の涙に★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あんたみたいなきれいな心を持った人間が、
 この業界では、食い物にされちゃうんだよ。
 みんないい人ばかりじゃないんだから。
 餌になんてされていいわけないでしょ(p199)


・バングラディッシュの人が
 自分に問いかけているような気がした。
 「君はなんでそんなに幸せな環境にいるのに、
 やりたいことをやらないんだ?」って。(p258)


・いわゆるフェアトレードと呼ばれる商品を生産している
 社会の底辺にいる人たちは、悪い商品でも心温かい
 先進国のバイヤーに買われ、
 結果消費者の満足にはほど遠い商品が作られ、
 かわいそうだからという気持ちで買われ、
 使わずにタンスにしまわれている。(p120)


▼引用は、この本からです。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
山口 絵理子
講談社
売り上げランキング: 179
おすすめ度の平均: 5.0
5 この人はまだまだ大きくなる
5 目標を持つことの大切さを知る
5 びっくりした
5 癒し効果抜群
5 へこたれない姿に感動

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: