本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「面白南極料理人」西村 淳

(2010年3月17日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

面白南極料理人 (新潮文庫)


【私の評価】★★★★☆(82点)


■南極越冬隊の爆笑問題、
 西村淳さんの一冊です。


 普通の人が書けば普通なんでしょうが、
 西村さんが書くと爆笑です。


■南極の狭い基地での9人での生活は、
 仕事して食べて飲んで寝るという
 短調な生活です。


 だからこそ笑いが必要なのでしょう。
 あだ名とかネーミングも面白いですね。


 「大気球雪堂」はオレンジ色なので「オレンジ御殿」、
 「ヘリウムガス充填小屋」は空に届くように「魔女宅小屋」、
 「食料貯蔵所」はイグルー型で「カチンコチンドーム」。


■「面白い人というのは、面白いことを考えている」と
 いいますが、西村さんはそうした人なのでしょう。


 越冬隊の飲み会マスターが
 解説する南極越冬隊の真実でした。


 西村隊員、よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・とかく人間、気合いを入れて臨むと肩に力が入るものだ・・・・絶対忘れ物をしない。越冬終了時まで何一つ品切れにしない」とまなじりを決して調達作業に取り組んだが、それでも秋刀魚・鯖・豚肉、鶏肉忘れである(p25)


・南極はどこまで行っても景色が変わらない。・・・おまけに内陸に入るに連れて天気もどんどんよくなってきて、毎日が「どぴーかん」の快晴の日々が続く。(p56)


・七月三日、越冬開始以来最低気温を記録した。マイナス76.0℃・・・マイナス30~40℃くらいまでは使用可能なウィンター軽油、通称「W軽油」がゼリー状に変化して使いものにならなくなり、「新南極軽油」・・に変わったのもこの日だった(p224)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(82点)


■著者紹介・・・西村 淳(にしむら じゅん)

 1952年うまれ。巡視船勤務の海上保安官となる。第30次南極観測隊、第38次南極観測隊ドーム基地越冬隊に参加。巡視船みうらの教官として海猿を教えた後、2009年退職。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

コメントありがとうございます(^-^)v
西村さんの文章、面白いンですけど…
話がアッチコッチ飛んじゃって読み難くなかったですか?
まぁプロの作家さんじゃないし、しょうがないかな?
なんて偉そうに言う自分自身も、拙い文を棚に挙げて言えないンですけど(^m^:)


同じカテゴリーの書籍: