本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「悪党の金言」足立 倫行

2010/03/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

悪党の金言 (集英社新書 475B)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■世の中の一匹オオカミ。


 いろいろな本を出している
 個性的な8人をインタビューした一冊です。


■この中では、佐藤優さんと、溝口敦さんが
 他を引き離して、圧倒的な個性を
 出していました。


 特に佐藤優さんは知識だけでなく、
 物の見方が鋭いように感じます。


 スパイ大作戦ではありませんが、
 諜報の第一線で動いていた人ですから、
 肚の据わり方が違うのでしょうか。


・国連は、頼れません。The United Nationsはそもそも
 "連合国"と訳すべきで、日本は旧敵国です。
 国際社会の認識は100年やそこらで変わらない。
 (佐藤優)(p91)


■溝口敦さんについては、
 自分も刺され、編集者も怪我をし、
 息子も刺されているのに、
 今もヤクザものを書いているのは、
 すごいとしか言いようがありません。


■インタビューということで、
 相手のことをよく知っている人には、
 楽しめる本だと思います。


 逆にこの本をきっかけに、
 その人の本を読むとよいのでしょうか。

 足立さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・特に民放の番組は最悪です。
 テレビというメディア自体、
 物事を分析したり深く考えたりするのに
 適さないんじゃないかと思いますね。
 若い人がああしたバカ番組を毎日見るというのは、
 由々しき問題ですよ。(溝口敦)(p223)


・昭和天皇に関しては・・・
 いわゆる戦争責任の問題があります・・・
 「ない」という考え自体、昭和天皇に失礼だと思います・・・
 昭和天皇にとっては、「責任」という言葉は
 「文学上の綾」なんです。(保坂正康)(p25)


・「9条と自衛隊の矛盾に苦しむ」という
 不思議な病態を演ずることにより、
 日本は疾病利得として、
 世界史上例のない平和と繁栄を手に入れた。
 (内田樹)(p64)


悪党の金言 (集英社新書 475B)
足立 倫行
集英社
売り上げランキング: 191379
おすすめ度の平均: 5.0
5 足立さんだから出来たインタビュー
5 入党希望
5 本書は、世の大勢に流されず異議を申し立てる8人の個性派悪党たちへの実に面白いインタビュー集である
4 ハード・カバーではなく、新書版なので、お得感あり。
5 個性派揃いで面白い

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■著者紹介・・・足立 倫行(あだち のりゆき)

 1948年生まれ。
 世界を放浪後、週刊誌記者などを経て、
 ノンフィクション作家となる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: