本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「その前提が間違いです」清水 勝彦

2009/11/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

その前提が間違いです。 (講談社BIZ)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■この本は、「あなたの会社では、
 本当の目的が共有されていますか?」
 と問いかけてくれる一冊です。


■そういえば、
 先日、会社で行ったワークショップで、
 目からウロコが落ちました。


 そのワークショップでは、
 プロジェクトを考えるまえに、
  ・その目的はなんですか?
  ・成果物はなんですか?
  ・成功の基準はなんですか?
 の問いに参加者全員で答えるのです。
 この本の問いと同じだったのです。


・わかっているはずだけど、あるいはわかっていなくては困るのに、意外にしっかりと「共有」されていないのが、企業における前提ではないでしょうか。(p23)


■根本の認識を間違うと、
 まったく違った結論に落ち着いたり、
 無駄に悩んでしまったりします。


 たとえば、あなたが社内政治好きの同僚にイライラ
 していたとすれば、
 それは同僚が無能だから政治に集中していることが
 わかればイライラも少しやわらぐのと思うのです。


・「能力がないのに」政治に走るのではなく、「能力がないから」政治に集中しているのです(p43)


■根本の「前提」が間違っている状況は、
 ある意味ジョークのようですが、
 実際にはよくある風景だと思います。


 そうした「前提」の共有の大切さを気づかせてくれる
 一冊でしたので、
 ★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・船をつくるのなら、材木の切り方や、鉋(かんな)のかけ方を教える前に海への情熱を伝えよ(サン=テグジュペリ)(p215)


・×:セクショナリズムによるコミュニケーションの阻害
 ○:セクショナリズムは必ず生まれる(p32)


・「あの男は嫌いだな」「あの男のことはよく知らないだろう」とラムが答えました。「だから嫌いなんだよ」(p35)


その前提が間違いです。 (講談社BIZ)
清水 勝彦
講談社
売り上げランキング: 10807
おすすめ度の平均: 4.0
4 「前提」って丁寧に確認しなければいけないなあと改めて実感
4 「常識」を疑え!!
5 目からうろこでした
3 書いてあることは至って普通

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■著者紹介・・・清水 勝彦(しみず かつひこ)

 テキサス大学サンアントニオ校准教授。
 8年間戦略コンサルタントを経験。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: