本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「心豊かに」生きる知恵―人生に失敗はない、愚痴があるだけ」板橋興宗

(2008年8月12日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「心豊かに」生きる知恵―人生に失敗はない、愚痴があるだけ

【私の評価】★★★★☆(88点)


■世の中には、学校で教えてくれない
 生きた知恵があります。


 この本では、住職さんが
 その生きた知恵を教えてくれます。


■ビジネス経験はないはずなのですが、
 挨拶、窮すれば通じる、子供は親のようになるなど、
 的確な助言に驚きました。


  ・子どもは、親の言うようにはならない。
   親のしているようになる(p93)


■やわらかな表現の中に、
 光る表現がたくさんありました。


 みなさんも味わってみてください。


 幅広い知恵を網羅しており、
 かつ、的確な内容でしたので、
 本の評価としては、★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・比叡山の御開山、伝教大師がいわれている。
   「・・・径寸(金貨)十枚これ国宝にあらず、
    一隅を照す、これすなわち国宝なり。」(p32)


  ・考えても仕方がないことを、クヨクヨいつまでもグチる人を、
   愚かな人という。・・・人とくらべようともせず、
   自分のいのちを大切に生きる人を、知恵の人という。(p92)


  ・亡くなってからも、人々から感謝され、
   なつかしく思われるのは、
   生前にどれだけ多くのものを与えたかによって決まる。(p113)


  ・人さまのことはわかるのに、自分のことはわからない。
   自分が気づかない欠点が一番大きな欠点である。
   人は批判されて伸びる。(p175)


  ・一日作(な)さざれば
   一日食らわず。(百丈禅師)(p186)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★★☆(88点)


■著者紹介・・・板橋 興宗(いたばし こうしゅう)

 1927年、宮城県多賀城の農家の長男として生まれる。
 旧海軍兵学校76期。東北大学宗教学科卒後、仏門に入る。
 曹洞宗の大本山総持寺単頭、同寺の祖院後堂、曹洞宗管長などを務める。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: