本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ラテンの秘伝書」風樹 茂

(2008年8月11日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラテンの秘伝書―格差社会を生き抜く最後の切り札
【私の評価】★★★☆☆(71点)


■海外で仕事をすると、
 日本の常識は、海外の非常識であるとわかります。


 業者が、約束した時間に来ない。
 失敗は自分の責任ではない。
 商品力より、有力者とのコネで決まってしまう。


 こうしたことが、普通に起こる国がいかに多いことか・・・。


■しかし、現地の人はそれでもしっかり
 生活しています。
 思ったより、楽しく生きていたりするのです。


 自殺が3万人を超える日本より、
 人生を楽しんでいたりして・・・。


■この本では、南(ラテン)アメリカに転勤した商社マンが、
 ラテンな商社マンに成長する過程を通して、
 漫画でたのしく教えてくれる一冊です。


 ちょっとオーバーなところもあるでしょうが、
 カザフスタン駐在経験のある私も、
 「そうだよね」と思わせてくれる一冊でした。


■本当は、海外で実際に経験したほうが良いのでしょうが、
 基礎知識なしよりは、この本を読んでいたほうが、
 ショックは小さくなるでしょう。


 この本を読めば、日本は世界で異常にマジメで、親切で、頑張っている
 国であることを再確認できると思います。


 楽しく読めたので、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・失敗の責任は他の人(物)に負わせろ(p177)


  ・ラテンは自分本位です。
   まずは自分ありき!(p178)


  ・小噺で場を盛り上げろ(p178)


▼引用は、この本からです。

ラテンの秘伝書―格差社会を生き抜く最後の切り札
風樹 茂 サガー・ジロー
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1149
おすすめ度の平均: 4.0
4 人間はどこでも一緒。
2 勝ちT
4 ラテンの「本当」が知れた
5 幸せに遠回りしていた

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■著者紹介・・・風樹 茂(かざき しげる)

 1956年生まれ。大学卒業後、中南米専門商社を経て、
 アマゾンでの鉄道復旧工事に従事。
 その後、南米、欧州、アジアを放浪。
 帰国簿、投資・援助のコンサルタントとして30カ国現地調査。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: