本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「一瞬であなたが変わる「イメージング」」ジョイ石井

(2008年5月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

一瞬であなたが変わる「イメージング」―夢を燃やす本

【私の評価】★★★★☆(84点)


■( イメージ )の重要性を教えてくれる一冊です。


 潜在意識の世界では、( イメージ )の
 重要性は常識ですが、( イメージ )の
 重要性をこれでもかと繰り返し教えてくれます。


■著者は催眠療法も研究しており、
 催眠の本質はセルフ・イメージの
 書き換えだと断言しています。


 つまり、催眠術とは、自分はこういう人間だという
 ( イメージ )を書き換えているだけなのです。


  ・私たち人間に真の影響を与えているのは、
   優れた催眠療法士の言葉の暗示そのものではなく、
   その人間の抱くイメージなのだ。・・・
   その瞬間、その人のセルフイメージが
   書き換えられている(p26)


■良いイメージがあれば、
 努力することができる。


 良いイメージがあれば、
 途中で挫折してしまうことはないのです。


  ・なぜそこまでに打ち込めるのか?
   それは、作品ができた時、
   物事を達成した時の
   自分のイメージが見えているからだ。(p44)


■私は3年後の自分のイメージを
 マインドマップで手帳に書いていますが、
 もっと具体的にリアルに作ってみたくなりました。


 ( イメージ )の大切さをわかりやすく読者に 
 伝える良い本だと思いました。


 本の評価としては★4つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・イメージしてごらん・・・
   セルフイメージを高く持ち、
   うまくやれるという自信が、
   あなたの勇気をあと押ししているところを。(p35)


  ・黒澤監督は、こうおっしゃっていた。
   「僕は天才なんかじゃない。
    人一倍努力しますよ。
    それでもしぼくが天才だというのなら、
    天才というのは努力しないでもできてしまう人をいうんじゃない。
    人一倍努力できる人をいうんだと思う」(p43)


  ・望み通りに生きたいと言いながら、
   何が望みかを明確に分かっていなければ、
   望み通りに生きることは逆立ちしても不可能である。・・・
   本当に自分が何を望んでいるのかを
   真剣に模索してみよう。(p62)


  ・セルフイメージを高めるいい方法は、
   あなたの憧れの人を何人も用意することだ。・・・
   それぞれのいいとこ取りをするといい。(p96)


  ・坂本龍馬はこう言っていたという。
   「世の中の人はなんとも言えば言え。
    我がなすことは、我のみぞ知る」
   その瞬間、人にどう思われようと、
   自分が本当にいいと思える生き方を
   するべきである。(p118)


  ・あなたの未来に蒔く種は、
   ポジティブであるべきだ。
   期待の種。
   希望の種。
   喜びの種。(p142)


  ・大人になってから、
   「学生のころ、もっと勉強しておけばよかった」
   と言う人が多い。・・・
   しかし人生の最後に「もっと楽しく、
   自分らしく生きればよかった」
   と言うのはいただけない。(p148)


▼引用は、この本からです。

一瞬であなたが変わる「イメージング」―夢を燃やす本
ジョイ石井
マキノ出版
売り上げランキング: 23516
おすすめ度の平均: 5.0
5 読みやすい!
5 ショートストーリーが最高

【私の評価】★★★★☆(84点)



■目次

第1章 イメージングで生まれ変わる
第2章 セルフイメージを疑え!
第3章 心磨きをしよう―生活篇
第4章 情熱に火をつける―ビジネス篇
第5章 究極のヴィジョンが成功へ導く


■著者紹介・・・ジョイ石井

 1965年生まれ。18歳で渡米。6年間サンフランシスコ在住。
 1995年ニューヨークにてヒプノサラピストのプロライセンスを取得。
 イメージング顧問カウンセラーを務める。
 現在は、イメージングメソッドスクールにて講座を持つ。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: