企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか」ジョン・P・コッター

| コメント(0) |

企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか
【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■企業変革の核心が、「危機感」であるというのは、
 本当の真実なのかもしれません。


 いかに良い対策であっても、
 いかに優れたシステムを導入しても、
 社員一人ひとりが実行しなければ、
 企業は変わらないからです。


■有名な学者さんが、結局は、
 精神論に行き着くということは、
 日本の精神論も捨てたものではないと思うのは、
 私だけでしょうか。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・変革や飛躍を成功させるためには、
   相当数の社員が強い危機感を持たなければならない。(p8)


  ・外の現実と内の認識のずれを防ぐ第一の方法は、
   企業の最前線で顧客とつねに接している社員の声を
   できるだけひんぱんに注意深く聞くことである(p89)


  ・(工場長)デービッドは、毎日一時間は文字通り生産ラインの
   横で過ごす。この習慣を、彼の部下も真似している。
   デービッドが通路をぶらぶら歩き回るのは、
   現場の人たちといい関係をつくるため(p134)


  ・「やること」リストを作ったり、順序立てて論理的に
   計画を練ったりするのはやめて、簡単にできることを
   すぐにやろう。(p224)


▼引用は、この本からです。

企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか
ジョン・P・コッター
日経BP社
売り上げランキング: 7385

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



■著者紹介・・・ジョン・P・コッター

 ハーバード経営大学院松下幸之助記念講座名誉教授。
 専門はリーダーシップ論。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)