本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「本質を見抜く「考え方」」中西 輝政

2008/04/21本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

本質を見抜く「考え方」

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■海外旅行が普通になって、海外の経験を持つ人が
 増えていることはよいことだと思います。


 海外での経験が、
 その人の視野を広げるからです。


 その点、著者は学者ではありますが、
 海外での経験も長いようで、
 視野が広いな~、というのが第一印象です。


■この本でいう「考え方」は、3つに分けられます。


 1つ目は、基本的な考え方。
 2つ目は、欧米の考え方。
 3つ目は、著者の考え方です。


■1つ目の基本的な考え方とは、
 よく私たちが間違えそうな考え方を指摘したもので、
 例えば、「正しいことと効率的なことを分けましょう」
 というようなことです。


  ・「正しいこと」と「効率のよさ」を
   混同しない(p112)


■2つ目の欧米の考え方とは、
 著者が欧米の経験で感じたもので、
 例えば、欧米の戦略性などです。


  ・やはりイギリスには、外交面で日本人の思考を
   はるかに超える戦略性があることでした。
   真珠湾攻撃の十年以上も前から、アメリカもイギリスも、
   着々と日本包囲網をつくっていたのです。(p85)


■そして3つ目の著者の考え方とは、
 著者自身が気をつけている考え方で、
 例えば、「大きく考える」ということです。


  ・国は世の中のあり方は、ほかの誰のことでもない、
   「わが身」の問題ととらえる視点を持って、
   「大きく考える癖」をつけることが
   重要だということです。(p148)


■このように、海外経験の長い人だけに
 参考となる考え方がいくつかありました。


 本質ははずしていないと思いますので、
 ★3つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「早く」見つけ、「遅く」行動する(p180)


  ・「和」と「やさしさ」の国だから敵を作らないのではなく、
   「和」と「やさしさ」の国だからこそ、
   「敵」を知ってその脅威から、
   その美点を守ることを考えなければ
   ならないのです。(p24)


  ・いろいろな人とつきあうことで、
   「欧米人は、自分では絶対実現しない
   とわかっていながら、口では理想論を言うのだ」
   ということがわかってきたのです。
   彼らは、つねに理念を唱えなくてはならない
   社会で生きています(p79)


  ・迷っている状態というのは、
   「将来への投資」です。・・・
   迷いは、本当の学びであり、自分を豊かにするものです。
   迷ったときこそ大事なとき。
   迷ったときこそ収穫のとき。
   迷えば迷うほど、思考は深まります。(p91)


  ・私はごく幼少期から、歴史が好きでした。
   戦国時代の武将の話など、
   少年向きの歴史の本をむさぼるように読みました・・・
   小学校ニ、三年生のころには、カラー刷りの絵入りの
   歴史物語の本を、友だちと取り合うようにして
   読んだ記憶もあります。(p68)


▼引用は、この本からです。

本質を見抜く「考え方」
中西 輝政
サンマーク出版
売り上げランキング: 3502
おすすめ度の平均: 4.5
5 私が本書から学んだこと
4 いい本と言えるが・・・未来予測は同調できない
4 本質を考えるための方法論を伝授している
4 美しい言葉を疑え
4 どのように「考える」か

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■著者紹介・・・中西 輝政(なかにし てるまさ)

 1947年生まれ。スタンフォード大学客員研究員、
 静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。
 専攻は、国際政治学、国際関係史、文明史。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: