本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「汗をかかずにトップを奪え!」三田 紀房

2008/01/08本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■落ちこぼれ生徒を東京大学に合格させる
 マンガ「ドラゴン桜」で有名な三田さんの一冊です。


 内容としては、20代の若い人向けとなっています。


 ・「いい部下」とは・・・常に平均点以上の仕事が期待できる「確実性」
  面倒な仕事を率先して片づけてくれる「フットワーク」。
  自分に牙をむくような真似をしない「忠誠心」。(p100)


■まず、最初に学ばなくてはならないのは、仕事がイヤになったとき
 どう考えるのか?ということです。


 最近は、仕事が面白くない、仕事が自分に合わないなどと
 簡単に転職する人が多いようです。


 しかし、安易に転職しても、
 同じような問題が次の職場でおこることでしょう。


 今の職場でちゃんとした仕事ができず、
 出世できないなら、
 他の職場で出世できる可能性は低いのです。


 ・三十路を超えたら転職するな!(p43)


■著者は、仕事というものは、
 自分を認めてもらうための手段であるとしています。


 つまり、いくら大金を持っていても、
 仕事をするのが人間であり、
 世の中にサービスを提供しようと思えば、
 会社組織を作ってそれを運営していく必要があるのです。


 ・仮に何十億もの大金があったとしても、
  やはり人間は働いてしまう。
  外に出て、他者と触れあい、
  自分の存在価値を認めてもらおうとする。
  人間とは、そういう良き物なのだ。(p60)


■そうであれば、今の職場で認められることこそが、
 人生の一つの目標となりえるのです。


 そして、会社を通じて、
 社会に貢献することにもなります。


 ・指名されること、それがこれからの会社員の「ゴール」だ。
  会社の中で、上司から「この仕事はお前に任せる」と指名される。
  そして会社の外からも
  「担当は○○さんでお願いします」と指名される。(p169)


■かなり若者向けでしたが、
 20代前半の方にぴったりの一冊ではないでしょうか。


 三田さんの考え方がしっかりしていますので、
 ★3つとしました。20代の方には★4つだと思います。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・仕事は探せ。そして職についてからも、探し続けろ。・・・
  しかし、自分は探すな。必要なのは「自分探し」ではなく、
  一段ずつ自分を積み上げていく
  「自分づくり」なのである。(p75)


 ・職場ではもっとオープンになって、
  自分のプライベートを明らかにすべきだ。
  つまり、共に働く仕事場だからこそ、
  もっと心をオープンにして
  自分という人間そのものを
  知ってもらわないといけないのだ。(p111)


 ・年寄りにとって、いちばん腹立たしいのは
  「わかったような口をきく」若造だ。・・・
  頭のいい人、そしてコミュニケーション能力のある人は、
  難しい話などしない。(p121)


 ・手帳には「予定」よりも「結果」を書け(p152)


▼引用は、この本からです。

汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾
三田 紀房
大和書房 (2007/11/16)
売り上げランキング: 502
おすすめ度の平均: 5.0
5 惹き付けられます
4 仕事への取り組み方ではなく、仕事をする自分への取り組みかた
5 仕事で壁にぶつかったときに何度も読みかえしたい

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■著者紹介・・・三田 紀房(みた のりふさ)

 1958年生まれ。漫画家。
 大学卒業後、大手百貨店勤務などを経て、30歳のとき
 漫画家デビュー。
 「クロカン」「甲子園へ行こう」「ドラゴン桜」など。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: