本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ぼくのワイン・ストーリー―ベスト・セレクション142種」羽仁 進

(2007年8月12日)|

ぼくのワイン・ストーリー―ベスト・セレクション142種 (中公文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■昔は、この本を読みながら、
 次はこのワインを飲みたいな、
 なんて、夢をふくらませていた。


 ワインに関しては、
 本を読むより
 ワインを飲んでほしい。


 いくら読んでもワインは
 わからないのだから。


 羽仁さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「多くの名酒が、ぶどう栽培のほとんど
 限界に近い地域から生まれてきている」・・・
 厳しい自然にいじめられたぶどうが、
 一滴たりともみずからの育てた実りを逃すまいと、
 かたくなに甘味を守りおおせる(p58)


・われ一位たり得ず、されど二位たることを潔しとせず。
 われムートンなり!(p161)


ぼくのワイン・ストーリー―ベスト・セレクション142種 (中公文庫)
羽仁 進
中央公論社
売り上げランキング: 1,039,391

【私の評価】★★★☆☆(71点)


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: