本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「末期ガンになったIT社長からの手紙」藤田 憲一

(2007年5月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

末期ガンになったIT社長からの手紙 (幻冬舎文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●著者は、インターネットの世界で
 成功した人の一人です。


 周囲には、起業して上場が
 当たり前のような世界だったのです。
 がむしゃらに働き、結果を出してきました。


・私の周囲では、起業した友人の中で
 上場できていない人の方がむしろ少数派です。
 恐らく「成功して当たり前」というコミュニティの中にいると、
 自然とそういう意識になって結果が
 手繰り寄せられるのだと思います。(p111)


●そうした彼が、33歳でガンを宣告されると、
 考え方が変わりました。


 自分にはやるべきことがある。
 完璧でなくともよいのだ。
 人生楽しんでもいいんだ。


・「病気になって多くの考え方が変わった」
 と言いましたが、正確にいうと、
 「休息が私を変えた」と言えます。
 思い切って立ち止まってみると、
 「立ち止まることへの漠然とした不安」は
 杞憂であったと気づきました。(p146)


●病気になると人生感が変わるといいます。


 それは、多分、立ち止まらなければ分からないことが
 あるということだと思います。


 自分は果たして本当に理解しているのだろうか?


 そのようなことを考えながら、
 ★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・何より怖かったのは、
 何をやってもそれを成し遂げる前に自分の
 人生が終わってしまうという恐怖でした。
 しかし、私は変わりました。
 残された人生でやるべきことがあると
 考えられるようになったのです。(p4)


・今まで、私は完璧さを求めていました。・・・
 しかし、「これからの自分の人生は、肩の力を抜いてもいいのだ」
 ということに気づきました。
 「完璧さを求めるってことは、
 ただ、自分のプライドを満たすためだけのこと(p167)


▼引用は、この本からです。

末期ガンになったIT社長からの手紙 (幻冬舎文庫)
末期ガンになったIT社長からの手紙 (幻冬舎文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 13.02.09
藤田 憲一
幻冬舎
売り上げランキング: 171,991

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■著者紹介・・・藤田 憲一(ふじた けんいち)

 1970年生まれ。
 大学卒業後、広告会社でいくつもの商品をヒットさせる。
 大手シンクタンクで女性サイトのCEO、
 ポータルサイト運営会社の子会社事業部長を経て、NCI代表取締役。
 2003年ガンを発病、2005年再発。2006年10月逝去。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: