「気くばりのツボ」山崎 拓巳

| コメント(0) |

気くばりのツボ

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)82点

●著者紹介・・・山崎 拓巳

 1965年生まれ。大学中退後、画家・エッセイストとして活動。
 1999年ニューヨークで絵画の個展を開催。


●学生時代、人間関係に自信がなかった著者の山崎さんが、
 長年にわたって磨いてきた
 人間関係をよくする技術を教えてくれます。


●まず、初対面のときは、共通の知り合いを話のネタにするのは、
 会話を盛り上げる基本のようです。

 ・(新しいグループに飛び込んだら・・・)「いつもここの○○さんに
  お世話になってるんです」と他のメンバーを話題に出すことで、
  相手は心のトビラをひとつ開けてくれます。(p65)


●そして、話題を途中で途切れることなく、ふくらませる。
 途切れたら別の話題を出していくのも基本でしょう。

 ・すべての語尾に「?」マークをつけるように意識して、
  話題をふくらませるように集中しましょう。(p82)


●私の場合は、会った人のデータベースを作っておいて、
 次に会うときの準備に使っています。
(名刺配布累計889枚とは、データベースに記録されている人数)

 ・「その人のキャラクターを特徴づけるようなキーワード」を
  抜き出して、アドレス帳にあるパーソナルデータの欄に
  登録しておく(p61)


●私も仕事を通じて多くの人とお付き合いしてきましたが、
 プロの営業マンが使っているテクニックが
 いくつか網羅されていると感じました。


●人と付き合うことが多い人、学生さんで仲間を増やしたい人に
 お勧めの一冊です。
 使える人間関係のコツということで、★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「この人と仲良くなりたい」と思ったら、なにか教えてもらう、
  貸してもらうといった簡単なお願いをしてみる。・・・今度は
  こちらから相手に喜んでもらえるようなお礼をする。(p40)


 ・食事、映画鑑賞、スポーツ観戦など、ひとりまたは少人数で
  できることを、あえて大勢の人に声をかけて「イベント化」
  してみる。(p114)


気くばりのツボ
気くばりのツボ
posted with amazlet on 06.05.06
山崎 拓巳
サンクチュアリ出版 (2005/06/10)
売り上げランキング: 2,272
おすすめ度の平均: 4.09
4 現代版「気配りのすすめ」
5 バイブルです!
4 全部が参考にならないまでも

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)82点


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)