「キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・」岸 正龍

| コメント(0) |

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●キラーブランドとは、小さい業界ながら
 熱狂的なファンを持つブランドのことです。


 私の頭には、あの温泉旅館とあのレストランが
 イメージされました。


・コアプロダクトはそんな軽いもんじゃない。もっと「人生に近い存在」です。だから、あなたが満足するかどうかだけが判断基準(p67)


●本書では著者がメガネのブランドを立ち上げ、
 失敗と成功を繰り返しながら、
 商売のコツをつかんできます。


 やはり、そこにあるのは「こだわり」です。
 決して顧客を失望させない
 「こだわり」があるのです。


・見つかるまで探す気合いや根性がないようなこだわりなら、最初からやりたいなんて思わない方がいい。どうせ最後には中途半端で終わるでしょう(p60)


●そして最後に来るのが「ミッション」です。


 結局、それかよ!
 と思われる方もいるかもしれませんが、
 本当に著者はこれにたどり着くまで、
 苦労しているのです。


 それだけに説得力があります。


・ミッションは魂です。くさいから一回で終わりにしたかったんですが、また言ってしまいました(p114)


●著者の失敗が、リアルにブランド化の難しさ、
 経営の難しさを教えてくれる一冊でした。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あなたのブランドはあなたが死んでも続いていくんです。(p64)


・以前は原価からの積み上げ方式で価格を決めていたのですが、リアルターゲットをイメージしてからは、ターゲットが喜んでくれるだろう価格を先に設定(p79)


・商品ブランドの場合は、マーケッティングの鬼となって名前を考えてください。(p167)


・マーケティングに関する本を、とにかく読んでほしいのです。最低でも100冊読んでください(p180)


超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・
岸★ 正龍
フォレスト出版
売り上げランキング: 67163
おすすめ度の平均: 4.5
5 みかみ先生
5 隠れた名著
4 迫力あった
5 小さなお店やメーカーなら、読むべし
5 経験は理屈に勝る!

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)