「クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間」太田哲也

| コメント(0) |

クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間 (幻冬舎文庫)

(評価:★★★★☆)85点


●日本一のフェラーリ使いと言われた太田哲也氏は、
 雨のレースでポルシェとクラッシュし、
 体の60%の大ヤケドを負ってしまいます。


 瀕死の大ヤケドから奇跡的にF1復帰した
 ニキ・ラウダの10倍ひどい
 ヤケドであるにもかかわらず、
 最新の熱傷治療技術により
 命だけはとりとめました。


●しかし、リハビリをしながら焼け焦げた
 木炭のような腕、鼻のない顔に
 太田哲也氏は呆然としてしまいます。


 これではレースに復帰は無理。
 追い討ちをかけるように、
 看病疲れで妻が体調を崩してしまいます。


 ・あのまま死ねば良かったのに、
  なぜ俺は助かったのだ?
  どうして生き返ってしまったのだ?
  時間がたつほどに悲しみが
  こみ上げてくる(p202)


●家族にとって迷惑な自分、
 単に息をしている物のような自分に、
 生きていく意味を見出せない
 太田哲也氏は自殺を試みるも失敗します。


 そうした失意のなか、
 患者や家族とのふれあいの中から
 だんだん生きる意味を探し始めます。


 笑いが心のリハビリになりました。


 ・とりあえず生きる意味を探すことはいったん中止して、
  今の段階では笑って過ごそう。
  自分を無理やり笑わせてしまおう。(p226)


●そして患者Oとの出会い。


 O氏は、暴漢にガソリンで火をつけられ
 瀕死の大ヤケドを負ったのですが、
 「この事件は、私の性格が引き起こした
  もんだと思うようになった」
  と太田哲也氏に語ります。


●そして、この事件のおかげで、
 自分の心の周りにある硬い殻(古い考え方)を
 変えていけるチャンスではないかと言うのです。


 そこで、太田哲也氏は、
 自分も心の周りに硬い殻があるのではないか
 と気づくのです。


 ・僕は生きていくことにした。(p293)


●よく、大病をした、死にそうになった人は、
 人生観が大きく変わると言われますが、
 この本を読んで、実際に体験しなければ、
 その本当の意味はわからないだろうなと感じました。


 おおいに泣かせていただきましたので、
 「きっと泣ける本」に
 追加させていただきます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・なぜだかはっきりとはわからないが、
  賞賛されることは僕の人生にとって
  重要な意味を持っていた。
  他人の目に自分がどう映るか、
  ということに関心があった・・
  しかし、これからは違う。
  もう賞賛されることはない。(p200)


 ・寅さんが映画のなかで言っていた
  台詞が印象的に感じた。
  「人間、一度くらい生きていて良かったと
   思う時があるだろう。
   そのために生きているんだ」(p227)


 ・何をしてどう生きるのか。
  決めるのは誰か。
  それは僕がすべてを決める。
  以前と変わりはない。
  ただ違っているのは、
  目指す先だけだ。(p295)


クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間
太田 哲也
幻冬舎 (2003/05)
おすすめ度の平均: 4.93
5 生きて。
5 受け入れることの難しさ
5 人生とは・・・・。

(評価:★★★★☆)85点



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)