「新 大学教授になる方法」鷲田 小彌太

| コメント(0) |

新 大学教授になる方法

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


「仕事」は習慣の力によって持続するのです。
長期間の休みがあると、よほどしっかりした計画や、
締め切りのある注文仕事がないかぎり、
「休む」習慣だけが身について終わってしまいます。
休む習慣というのは、怠惰と同じことです。
「ゆとり」などという美しい言葉を使う人がいますが、
私は「ふはい」といいたいと思います。
「発酵」にいたることのない「腐敗」です。


●サラリーマンには長期間の休みというものはありませんが、
 普段「ゆとり」を持って仕事をしている人は、
 休むという悪い習慣が増殖して
 「ふはい」してしまう可能性があります。


 あくまでも、「ゆとり」というものは、
 大量の良い仕事をしなくてはならない人が、
 効率的に仕事を進めるために必要な良い習慣の
 ひとつであるという認識が必要です。


●過労死しそうな人には「ゆとり」は良い習慣ですが、
 だらだらしている人には「ゆとり」は
 最悪の習慣ということでしょう。


新 大学教授になる方法
鷲田 小彌太
ダイヤモンド社 (2001/11/29)
売り上げランキング: 7,616
おすすめ度の平均: 3.57
3 大学教員の社会的意義を提起
4 読むと何とかできるかもしれないと思うはず
4 生き方のモデルとしての大学教授

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)