98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「野村克也」が付けられているもの

    「野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか」野村 克也

    【私の評価】★★★☆☆(75点) ■データと頭を使うID野球を  標ぼうする野村さんの一冊です。  すべてに理由を求める  ID野球は、技術だけでなく  知恵、データも使うのです。 ■以外なのは、頭を使いながらも、  勝ちたい!という  強い意志を大切にしているところ。  技術、データだけでなく  チームを引っ張るリーダーの  姿勢も大切なのです。  野村さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとお...


    「野村セオリー絆」野村 克也 野村 沙知代

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■人間関係を重視しなかった野村さんは、  つまらないスキャンダルで現役を引退し、  解説者、講演家として活動しました。  そうした中で、野村さんを変えたのが、  人との出会いと読書です。  人との出会いによって、  本を読むようになった。  そして、生き方の基準が  読書によって定まったのです。 ・なによりも草柳さんにすすめられて  本を読むようになったことが、  私という人間を変えた  最大の要因であったように思う(p65) ■自分の生き方の軸ができたことで...


    「野村ノート」野村 克也

    【私の評価】★★★★★(92点) ■楽天をここまで引っ張り上げた野村監督は、  やはり、ただのボヤキおやじではありませんでした。  「根拠をもって野球をしろ」  そうした考えが、一本通っている一冊でした。 ・私は次の3つのポイントをもとに実践指導をしている。  「ツボ」「コツ」「注意点」。・・・「ここを見ておけ」  というツボや技術面のコツ、そして「これだけは注意しろ」  という注意点を伝えておく(p185) ■野球といえば、ボールを投げて打つだけの  スポーツに見えますが、野村監督は、  投...


    「敵は我に在り(下巻)」野村 克也

    敵は我に在り 下巻 (ワニ文庫)" style="border: none;" /> 【私の評価】★★★☆☆(78点) ■楽天ゴールデンイーグルスの野村監督ですが、  努力の人、そのままでした。  才能がないから、才能には頼れない。  頼れるのは、工夫すること。  努力することだけなのです。   ・これほどの、努力を、人はツキといい(p64) ■野村監督の考え方は、  完全に成功法則にのっとっています。  自分を知り、目標を立てる。  そして目標を分割して、やることを決める。  あとはあきらめず...


    「敵は我に在り(上巻)」野村 克也

    敵は我に在り 上巻 (ワニ文庫 P- 158)" style="border: none;" /> 【私の評価】★★★☆☆(75点) ■東北楽天ゴールデンイーグルスの野村監督の一冊です。  やはり私は仙台なので、  取り上げないわけにはいきませんでした。 ■読んで分かるのは、野村監督が凡人であるということです。  球団もライバルが少ないところを選んでいるし、  入団もテスト生。最初はカーブが打てなかった。  才能のなさは、非凡なる努力と知恵で乗り切ってきたのです。   ・人間は一人前になるために...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む