「弁護士・税理士・上場企業取締役だから分かった 伸びてる会社の意外な共通点」三谷 淳

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士・税理士・上場企業取締役だから分かった 伸びてる会社の意外な共通点

【私の評価】★★★★☆(85点)


■「スリッパに履きかえる会社は、儲からない」
 という「スリッパの法則」のように
 儲かる会社と儲からない会社には
 微妙な差があります。


 この本では弁護士・税理士である
 著者が観察して気づいた
 「伸びてる会社の共通点」を
 教えてもらいましょう。


 まずは、伸びてる会社は
 有言実行です。


・成長意欲があっても、伸びる会社と
 伸び悩む会社があります。
 その違いは結局「やっているか、
 やっていないか」です(p160)


■解りやすい目標を掲げ、
 それを達成するために
 行動している。


 その中身は革命的ではなく
 だれでもできるような
 地味なものです。


 ただ、地味な行動を
 すごいスピードで
 大量に実行しているのです。


・目の前にある課題を泥くさく
 一個一個解決するたし算を
 繰り返している・・・
 その一つのひとつのたし算のスピードが
 想像を絶する速さ
なのです(p23)


■納期が異常に短いなど
 スピードで成長している会社が
 イメージできました。


 スピードなら才能がなくても
 実行できそうです。


 三谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・伸びてる会社は、社長も社員も
 やることがとにかく早いものです。
 すぐに行動しますし、お客様への
 レスポンスもとても早いのです(p34)


・「あなたの目標は何ですか」・・
 伸びてる会社の社長や社員は、
 「売り上げを3年で2倍にしま」
 「今年は部署でナンバーワンの
  営業成績を上げます」などと
 答えます(p54)


・伸びてる会社は、自社の製品や
 サービスの価格を考え抜いています。
 業界の常識や相場などまったく気にせず、
 お客様が喜んで買ってくれる金額を
 とことん考えているのです(p111)


・伸びている会社の社長たちは、
 同じ業界の中で戯れようとしません。
 簡単に言うと、業界団体の会合に
 出ようとしないのです(p130)


【私の評価】★★★★☆(85点)



■目次

第1章 伸びてる会社の仕事の進め方
第2章 伸びてる会社の社長が好きなこと
第3章 伸びてる会社の社長と社員
第4章 伸びてる会社の経理と会計
第5章 伸びてる会社の社長の習慣
第6章 伸びてる会社の社長の仕事観


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む