「最強チームにまとめる技術」池本 克之

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

最強チームにまとめる技術

【私の評価】★★★★☆(87点)


■仕事ができる人が、
 必ずしも有能なリーダーに
 なれるわけではありません。


 よくある失敗は、
 「全部、自分でやってしまう」
 リーダー


 なぜなら、
 自分でやったほうが速いし、
 品質も良いのですから。


・実務能力はたいしてないと
 私が見下していた課長のほうが、
 リーダーにふさわしかった
 のかもしれません(p76)


■著者自身も
 「自分がやればいい」
 リーダーでした。


 ところが、
 自分でやっていると
 いつか限界を知る時がきます。


 著者が気づいたのは、
 自分一人が教えるのではなく、
 部下が得意分野を教えるルールを作り
 大きな成果が出てからです。


 チームの力に気づくと
 人は変わるのでしょう。


・私は彼ら(営業マン)に、それぞれの
 得意分野をすべて代理店に
 教えさせることに決めました(p85)


■著者のおすすめは、
 チームで課題を
 話し合うことです。


 チーム一人ひとりが
 課題に気づけるように
 導くのです。


 話し合うことで、
 自らの課題を共有できれば、
 チームは動き出します。


 リーダーはその動きを
 フォローすればいい。


 池本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・リーダーは
 「正しい目標設定」が
 できる(p20)


・経営者、管理職、チームのリーダー・・
 チームのメンバーに自分のエンジンで
 走ってもらうように導く責任がある(p68)


・不都合な課題を隠していたと
 後で仲間に知れると、
 怒りが倍加しますよ。
 今なら見直してもらえますよ(p167)


・習った知識を人に教えられるようにすれば、
 スキルなどを継続的に引き上げ
 られるようになります(p51)


・リーダーは「目標達成」の
 具体的方法を示す(p22)


最強チームにまとめる技術
池本 克之
ゴマブックス株式会社 (2016-09-02)
売り上げランキング: 158,749

【私の評価】★★★★☆(87点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 「リーダーシップ」は今すぐ捨てなさい
第2章 チームシップで今いるメンバーが「稼げるチーム」に変身
第3章 チームシップを築くための4つのキーワード
第4章 チームシップに役立つTDCとCCSの具体的な実践方法




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む