「最強チームにまとめる技術」池本 克之

| このエントリーをはてなブックマークに追加

最強チームにまとめる技術

【私の評価】★★★★☆(87点)


■仕事ができる人が、
 必ずしも有能なリーダーに
 なれるわけではありません。


 よくある失敗は、
 「全部、自分でやってしまう」
 リーダー


 なぜなら、
 自分でやったほうが速いし、
 品質も良いのですから。


・実務能力はたいしてないと
 私が見下していた課長のほうが、
 リーダーにふさわしかった
 のかもしれません(p76)


■著者自身も
 「自分がやればいい」
 リーダーでした。


 ところが、
 自分でやっていると
 いつか限界を知る時がきます。


 著者が気づいたのは、
 自分一人が教えるのではなく、
 部下が得意分野を教えるルールを作り
 大きな成果が出てからです。


 チームの力に気づくと
 人は変わるのでしょう。


・私は彼ら(営業マン)に、それぞれの
 得意分野をすべて代理店に
 教えさせることに決めました(p85)


■著者のおすすめは、
 チームで課題を
 話し合うことです。


 チーム一人ひとりが
 課題に気づけるように
 導くのです。


 話し合うことで、
 自らの課題を共有できれば、
 チームは動き出します。


 リーダーはその動きを
 フォローすればいい。


 池本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・リーダーは
 「正しい目標設定」が
 できる(p20)


・経営者、管理職、チームのリーダー・・
 チームのメンバーに自分のエンジンで
 走ってもらうように導く責任がある(p68)


・不都合な課題を隠していたと
 後で仲間に知れると、
 怒りが倍加しますよ。
 今なら見直してもらえますよ(p167)


・習った知識を人に教えられるようにすれば、
 スキルなどを継続的に引き上げ
 られるようになります(p51)


・リーダーは「目標達成」の
 具体的方法を示す(p22)


最強チームにまとめる技術
池本 克之
ゴマブックス株式会社 (2016-09-02)
売り上げランキング: 158,749

【私の評価】★★★★☆(87点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 「リーダーシップ」は今すぐ捨てなさい
第2章 チームシップで今いるメンバーが「稼げるチーム」に変身
第3章 チームシップを築くための4つのキーワード
第4章 チームシップに役立つTDCとCCSの具体的な実践方法




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)