GE「世界最高リーダーシップ育成機関が教える 経営幹部 仕事の哲学これからの日本企業に必須のエグゼクティブ・リーダーシップ 」 田口 力

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高リーダーシップ育成機関が教える 経営幹部 仕事の哲学 これからの日本企業に必須のエグゼクティブ・リーダーシップ

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■GEのリーダー育成機関クロトンビルで
 4年間、幹部育成プログラムの
 講師を務めた田口さんの一冊です。


 世界のGEの考える
 経営幹部とはどのような
 人達なのでしょうか。


 GEの経営幹部は、
 企画部門に頼らず
 自ら戦略を考えることの
 できる人なのです。


・GEを20年率いたジャック・ウェルチ氏は、
 戦略計画立案スタッフを二段階に分けて
 全員解雇しました・・
 自分で考えた戦略やその実行の仕方を
 決めて仕事に取り組む(p182)


■GEにおいては事業の
 収益目標を達成できなければ、
 撤退・売却対象となります。


 そのため短期間に成果を出すため
 戦略を考え、組織を変え、
 人を配置して実行していきます。


 ある意味リストラがやりやすい、
 やらないと生き残れない
 環境なのかもしれません。


・事業部門に対する経営指標・・
 事業の売り上げ成長率は
 その国のGDPの二から三倍、
 利益成長率は10%以上、
 総資本利益率20%・・
 クリアできないと
 その国における当該事業は、
 撤退・売却等の検討対象(p66)


■そうした中で経営幹部に求められるのは
 人を動かす要素だと感じました。


 それは、堂々とした態度であり、
 常に経営を考える思考であり、
 人の話を聞く好奇心なのです。


 完璧な人間はいませんが、
 そうした人を育てようという
 GEの意思は伝わりました。


 田口さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・何をするか(Do)の前に、
 どうあるべきか(Be)を考えろ(p6)


・経営幹部であるのなら、
 部下の育成も大切ですが、
 自分の成長に対しても
 責任を持たねばなりません(p38)


・あなたが思い描く戦略を、
 どのような組織によって遂行するのが
 ベストであるのか・・
 自らのアイデアを積極的に提示できてこそ、
 経営幹部としての存在意義がある(p53)


・「戦略、組織、人」という視点に
 時間軸を入れてこそ初めて、
 大きなビジョンを描くことができます・・
 会社を生まれ変わらせるくらいの
 壮大な構想である必要があります(p70)


・100日プラン・・買収の交渉段階から
 アクション・プランを決め、
 買収後の約三カ月間で
 GEの組織文化を定着させます(p113)


・部長というポストはすでに部門経営者であり、
 ミニCEOとしての
 自覚と責任が必要です(p170)


【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 日本企業の問題
第2章 すぐれた経営幹部になるには
第3章 組織開発の観点を持つ
第4章 組織文化を理解し、刷新する
第5章 エグゼクティブ・プレゼンスを備える
第6章 真の経営幹部になる要素
第7章 エグゼクティブ・リーダーシップを高める




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む