「人生を楽しみたければピンで立て!」藤巻幸大、阿久津康弘

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

人生を楽しみたければ ピンで立て!

【私の評価】★★★★☆(83点)


■藤巻さんは、伊勢丹で数々の売り場を
 プロデュース。


 その後、ストッキングの福助の社長や、
 セブン&アイ生活デザイン研究所や
 イトーヨーカドーの役員などを歴任しています。


 いわゆるアパレル・マーケティングの
 プロなのですね。


・僕も20代の頃は大きな夢を持っていた。
 フジマキらしくないと思われるかもしれないけれど、
 伊勢丹の社長になりたかった。(p19)


■藤巻さんの驚異的なのは、
 情報収集へのこだわりです。


 なんでもやってみる。


 なんでも聞いてみる。


 新幹線に乗ったら、
 売り子の女性を捕まえて
 離しません。


・新幹線に乗るなり、社内販売の女性に話しかけていた。
 「このコーヒーおいしいね。どこの豆ですか?
 「今はどんな商品がおすすめですか?」 
 「毎日、どれぐらいのシフトで働いているんですか?」(p196)


■どうしてこうした行動ができるかといえば、
 コンプレックスがあったといいます。


 いつか成功してやる!


 それは、大きな夢があったからこそ、
 大きなコンプレックスがあった。


 コンプレックスとは夢の自分と
 現在の自分との差なのでしょう。


・心の底で「いつか見返してやる!
 ってずっと思っていたから、
 ビジネスで成功することができたのだと思う。(p32)


■出し切ってきた人なんだなあ~、と
 思いながら読んでいました。


 100%出し切ってきた人は、
 40歳になっても50歳になっても
 出し切る人であり続けるのでしょう。


 藤巻さん、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ピンで立っている人は「雇われている」感覚がないのも特徴だ。
 「自分の仕事で会社に利益をもたらし、
 その利益の一部を給料として受け取る」(p30)


・「今は本当にやりたいことをやれていないから、
 本気を出すときじゃない」などと思っていると、
 本気を出すときはいつまでも来ない(p56)


・デパ地下で話題の食べ物を試食したり、なかなか
 手の届かない一流ブランドの服を試着してみたり、
 ディーラーに出かけて高級外車に試乗したり、
 とにかくタダでできる経験は片っ端からやってみた(p91)


・20代の頃は今以上に本を読んでいた。
 週3冊くらいのペースで、年間200冊ぐらいは読んだ。
 とにかくいろんなジャンルの本を読んだ(p94)


3カ月に1度は海外旅行をする
 知ったつもりにならず
 「実際に体験してみる」こと(p100)


・僕はいつも時代の先端で生きる人たちに
 「じか当たり
」をして、知識を吸収してきた。
 じか当たりとは、面識のない人に体当たりをして、
 会って話をしてもらえるようにお願いをすること(p115)


・「この人はどんなことにこだわっているか
 と聞いてみるといい。
 誰でも、自分に興味を持ってもらえるのは嬉しいし、
 興味を持ってもらえた相手に関心がわく(p72)


・聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥・・・
 知らないことを恥ずかしく思うのではなく、
 新しい出会いだと思えばいい(p152)


・タクシーでは運転手と会話を始める。
 「どんな層のお客さんが多いんですか?
 「あそこのホテルは評判いいですか?」
 「今人気のラーメン屋さんはどこですか?」(p197)


人生を楽しみたければ ピンで立て!
藤巻 幸大 阿久津 康弘
あさ出版
売り上げランキング: 219,116

【私の評価】★★★★☆(83点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

プロローグ 真似をやめて、唯一無二のオリジナルを目指そう
第1章 The rule of the heart 夢なき者に理想なし
第2章 The rule of action 行動が世界を変える
第3章 The rule of communication コミュニケーションを武器にしろ
第4章 The rule of marketing 成功のカギはマーケティングにあり
第5章 The rule of my brand「自分ブランド」を確立させる


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む