「四十九日のレシピ」伊吹 有喜

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

四十九日のレシピ

【私の評価】★★★★★(96点)


■秋田新幹線の田沢湖駅の近くで、
 涙が出てきました。


 もし、最愛の人が亡くなったら・・・。


 人は、最愛の人が亡くなってから、
 その人をよく知らなかった。
 十分に愛さなかった。


 と後悔することもあるようです。


■この小説では、
 最愛の人を亡くした夫と娘が、
 ひどい(くさい?)生活に落ち込みます。


 そこに、なぜかガングロ・ギャルがやってきて、
 生前、最愛の人に掃除を頼まれた
 と掃除をはじめる。

 さらには、力仕事を手伝ってくれる
 ブラジル人カルロスがやってくる。


 そして、落ち込んだ家族は、二人の手伝いもあって、
 最愛の人が残してくれた

 「暮らしのレシピ」

 を読みながら生活を立て直していくのです。


 そして、彼女は死を予期していたのか
 「四十九日のレシピ」!には、

 みんなで楽しく飲んで歌って大宴会をしてもらえばうれしい

 と書いてあったのです。


・この十日間、ハルミに手伝ってもらって、
 三十六枚の模造紙に年表を書いた・・・
 上から三分の二に乙母の歴史、下から三分の一に
 その時代の風俗やトップニュースを書き込んでみた(p107)


■宴会での芸がない家族は、

 宴会で話がはずむんじゃないか

 ということで、最愛の人の「自分史」を作りはじめます


 「自分史」を書いていくなかで、
 最愛の人のことを良く知らないことを悟り、
 最愛の人を再確認することになっていくのです。


・年表の「1972年」の部分に字を書こうとしたら、
 紙の余白に涙が落ちた。思い出したらさまざまな事柄が
 心にあふれ、今度は何から書いていいのかわからなかった(p174)


■人の死に接しての悲しみとその乗りこえ方を
 学べたような気持ちになりました。


 今、大切なことは、
 大切な人を大切にすること。


 そうなんだ。


 伊吹さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・神戸に生まれる」と書かれた最初の紙の前に行き、
 その文字を見上げた。どんな人もみな、『あしあと帳』の
 最初はこの言葉で始まる。そしてその後は誰一人として
 同じものがない。(p214)


・どうして、自分はあのとき怒鳴ってしまったのだろう。
 どうして。
 あれが最後の会話とわかっていたなら・・・(p226)


・人ってそういうものじゃないでしょうか。
 親が子を支えるように、みんな、誰かの踏切板になって、 
 次の世代を前に飛ばしていく(p192)


四十九日のレシピ
四十九日のレシピ
posted with amazlet at 11.01.17
伊吹有喜
ポプラ社
売り上げランキング: 3178

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・伊吹 有喜(いぶき ゆき)

 1969年生まれ。
 2008年「風待ちのひと」で
 第三回ポプラ社小説大賞特別賞。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
43,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)