「自分の答えのつくりかた」渡辺 健介

| このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

【私の評価】★★★★★(93点)


■人生には「選択」という作業が不可欠です。


 本書では、魚のピンキーと一緒に
 自分の「選択」の技術を高めるための
 旅を体験してもらいます。


・"素直"なのと"何でも鵜呑みにする"のは別だ(p124)


■私が感動したのは、
 検討案につっこみを入れて、
 検討を深めていく技術。


 今、会社でやっていることとまったく同じであり、
 この基本が大切なんだ!と
 再確認できました。


 内容としては、単純でありますが、
 非常に実務的。


・"つっこみ"を入れなくてはならない・・・
 本当においしいのか。・・・予約がとれるのか。
 参加者全員が入れるのか。予算内に収まるのか(p131)


■また、いかに自分を高めていくか、
 人と比べるのではなく、
 自分の才能をうまく開花させる選択が
 大切だとわかりました。


 内容も物語形式で分かりやすく、
 刺激的な一冊でした。


 会社に入って仕事をすれば、
 この本の価値がわかるでしょう。


 渡辺さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ワシらは2回、試されとるんじゃ。
 まずはしっかり結果を出すかどうか、
 次に成功しようが失敗しようがその結果を
 どう生かしていくかじゃ。(p19)


・判断を誤るのには、パターンがあるということじゃ。
  ・「選択肢にモレがあるから」
  ・「評価軸が間違っているから」
  ・「評価・情報が間違っているから」(p70)


・これが問題だ!、これをやった方がよい、と感じることが頻繁にある。
  そして、「必ずやる(DO!)」。思ったら、必ず行動に移す。
  しかも、「すぐやる(DO-speed)」。そのスピードがすごい。
  さらに、「ちゃんとやる(DO-impact)」。やるとなれば必ず、
  納得がいく形になるまでやる。(p80)


・己を磨き上げ、真の自信を溜めていくには、生ぬるい「金魚鉢」から
 抜け出し、自らを崖から「大海」に突き落とささにといけない。 
 自らどんどん仕掛けて、たくさんの修羅場をくぐることじゃ。(p171)


・大人になったら、自分が心の底から熱くなれる「甲子園」は、
 誰も与えてくれない。・・・自ら考え、自分の舞台、「甲子園」
 をプロデュースしなければならない。・・・
 あなたの「甲子園」は何か?(p288)


自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND
渡辺 健介
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3022
おすすめ度の平均: 4.5
3 微妙
4 スキルだけでなく心も大事だと書いてあるところに感動した
5 読んでいて心地の良い本
5 大人が読んでも十分に学びのある一冊
5 Hearty Book

【私の評価】★★★★★(93点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)