「かばんはハンカチの上に置きなさい」川田 修

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール

【私の評価】★★★★★(94点)


■プルデンシャル生命のトップ営業マンの
 一冊です。


 名言もなく、派手さもないのですが、
 なんとも品格のある一冊でした。


■読んでみると、人の良いところを取り入れて、
 徹底して実践しているように
 感じました。


 だれでもお辞儀はしますが、
 川田さんのお辞儀は誰よりも長いのです。


 プロは同じことをしていても、
 すべてちょっとだけ違うのです。


 そのちょっとの積み重ねが
 トップとその他の差となるのでしょう。


・相手との別れ際、「どうもありがとうございました」
 と言って、その方に正対して、上半身をほぼ垂直に
 深く曲げて、相手より長い時間お辞儀をします(p30)


■生命保険となると、
 売る商品はみな同じですから、
 営業マンの能力、人間性、理念が
 問われるのかもしれません。


 川田さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・何も考えず、先輩や、後輩や、ためになったビジネス書など、
 身近なところで「あっ、素敵だな」と思えることは、
 即座にただ真似てみる(p94)


・妻にこうお願いします。「今夜、8時から10時まで、
 お客様へアポイントの電話をかけるから、もし8時になっても
 僕が電話をしていなかったら、『アポ取りの電話するんじゃないの』
 って言ってくれ」と頼むのです。(p116)


・アポ取りで「No」を受けた数を目標にするのです(p118)


かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール
川田 修
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 761
おすすめ度の平均: 5.0
5 禅問答のような
5 あたり前の気遣いだが、言われないと気付かない
5 私の中のNo.1になりました。
5 他とは違う読後感。
4 小さな1つ1つの積み重ねで信頼を得る

【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・川田 修(かわだ おさむ)

 1966年生まれ。1989年リクルート入社。
 退職までの95か月連続で月間目標を達成。
 1997年プルデンシャル生命入社。
 トップ営業マンとなる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

1章 相手目線で、ちょっと違うことをやる
2章 「ちょっと違うこと」から気づく、大事なこと
3章 営業マン・ウーマンは弱いものである―自分の弱さを認めるということ
4章 そんな私も新人でした。営業現場で一から学ぶこと
5章 営業とは、お客様と物語を作る仕事である


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

営業ノウハウ本は、どちらかというと、成功のテクニックや、ツールを駆使する方法を強調しがちですが、(もちろんこれは大事だと思います)、この方のやりかたは、どちらかというと、かなりアナログ。

文中でも言っておられましたが、長く深いお辞儀、マイ靴べらの携帯、かばんはハンカチの上におく、スーツや時計はシンプルなデザインで。。。。等々の創意工夫で差をつけているそうです。

ご自分の誠実な人間味を前面に出し、お客さまを安心させる方法で成功されたということと、過去の失敗談や、お客さまの感動の場面の紹介を織り交ぜるなど、お客さまから勉強させていただいたという謙虚な姿勢に対し、感動しました。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む