「人生が楽しくなる気持ちのいい日本語」萩本 欽一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が楽しくなる気持ちのいい日本語 (ゴマ文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■「欽ちゃん」こと萩本 欽一さんの一冊です。


 この本には、欽ちゃんの生き方が
 書いてあります。


 欽ちゃんは「いい言葉」が好きなのです。
 では、この「いい言葉」とは何なのでしょうか。


■欽ドン・良い子悪い子普通の子がヒットしていた頃、
 レコードでトラブルがありました。


 のぞみ、かなえ、たまえの3人で"わらべ"として
 活動していたとき、レコード会社が
 "かなえ"だけでレコードを作ったのです。


 欽ちゃんは、「それは許さない」と大激怒。
 レコードの回収を指示します。


 レコード会社の若い社員はびっくりして、
 「そんなの困りますよ」次に、部長が来て
 「5億円かかります・・・勘弁してください」
 そして最後に社長がやってきました。
 「私が悪かった・・・何億かかろうが、
 こっちが悪いんだから・・」


 ここで欽ちゃんは、許すのです。
 いい言葉にいい言葉を返したというのが
 欽ちゃんの考え方なのです。


・「許すなら怒る、怒るなら許す」
  ってこと。(p57)


■欽ちゃんの「いい言葉」とは、
 ドラマのある言葉、覚悟のある言葉、
 のように感じました。


 100万円の時計をプレゼントしようとして
 断られたら、「ごめん」と言って、
 300万円の時計をプレゼントするような
 ちょっとの覚悟とドラマを持った言葉のことなのです。


■その他にも大きな声を出せば、体が動いてくれる、
 「知らない」と言うななど、
 欽ちゃんのノウハウが満載です。


 テレビの欽ちゃんではなく、
 より人間の欽ちゃんに近づける一冊だと思いました。


 欽ちゃん流の渡世の考え方が分かる本として
 本の評価としては、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・会話の中で突っ込みを入れるときに、
   一番いけないのは、なじみのないヤツに突っ込むこと。
   まだなじんでいないヤツに突っ込まれるのって、
   腹が立つからね。(p25)


  ・急に舞台に立たされることになって、
   焦りまくったボクが「何をすればいいんでしょうか?」って
   先輩に聞いたら「大きな声を出せばいいんだよ」って
   ひとつだけ教えてくれたの(p33)


  ・「第七代の徳川将軍は?」「知らない」・・・
   「知らない、って言うと、会話が終わっちゃうだろ。
    つまんない会話になっちゃうよ・・・(p225)


▼引用は、この本からです。

人生が楽しくなる気持ちのいい日本語 (ゴマ文庫)
萩本 欽一
ゴマブックス
売り上げランキング: 86540
おすすめ度の平均: 5.0
5 いい言葉はね、人を幸せにするんだって。
5 こういう本がみんなを幸せにするんだな〜

【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・萩本 欽一(はぎもと きんいち)

 1941年生まれ。
 1966年、坂上二郎とコント55号を結成。
 1971年、ラジオ「欽ちゃんのドンといってみよう」を始め、
 数多くの人気番組を手掛ける。
 1985年、休養宣言。
 復帰後、「欽ちゃん劇団」を旗揚げするなど、活躍中。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)