「図解スーパー実用記憶術」藤本 忠正

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶力日本選手権チャンピオンが明かす 図解 スーパー[実用]記憶術

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■後天性記憶障害の著者が教えてくれる
 記憶術の手法とその解説です。


■著者は記憶障害ですので、
 記憶力が普通の人ほどありません。


 しかし、驚異的な記憶力を持っているのは、
 自分で記憶するための技術を研究し、
 訓練しているからです。


■一例を見てみましょう。


 物が散乱している部屋で、その部屋の配置を
 記憶することにします。


 この部屋の南側にソファがあったとします。
 これを暗記する場合、南とソファを結び付けます。


 南国にいるように悠々とソファの上でリラックスしている
 自分をイメージするのです。


  ・「時計」を「タンス」の上に移したとします。・・・
   「タンスを売ろうとしている店主が、
   アラームを設定してある時計をタンスの上に置き・・・タイムサービス
   として、時計付きのタンスを超格安で売っていたところ・・・(p37)


■ゴルフをする人は、
 ゴルフをした後で、その日のホールごとの
 スコアを暗唱することができるはずです。


 これは、体感したゴルフという物語を
 イメージとして思い出すことができるから
 でしょう。


 著者は、実際にゴルフはしませんが、
 イメージの中でゴルフのような物語を
 作り上げているのです。


■この本には、こうした記憶の手法が
 たくさん掲載されています。


 自分はどうも記憶力が・・・、
 という方は一読してみてはどうでしょうか。


 記憶力の問題ではなく、記憶しようとする
 努力の問題ということがわかると思います。


 本の評価としては★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・15ケタ「以上」の数字の瞬間記憶の場合でも、
   必ずと言っていいほど「4ケタ」の数字を1つの単語として
   組み立てて記憶するという手法を取っています(p120)


  ・英単語の「lawyer(弁護士)」を覚える場合・・・
   lawyerの発音から「牢屋」を連想・・・
   「いかに切っても切れない関係に持ち込めるか」が
   記憶の結果を左右する最大のポイント(p157)


▼引用は、この本からです。

記憶力日本選手権チャンピオンが明かす 図解 スーパー[実用]記憶術
藤本忠正
アスペクト
売り上げランキング: 13671
おすすめ度の平均: 4.0
5 語学の勉強なら、やはり記憶術が一番効果的だと実感しました
3 まどろっこしいかな?
5 旋風を巻き起こすインド式計算法、奇跡を生み出すスーパー記憶術
4 発想がすばらしい!実用という名はまちがいではない
5 理にかなっていて、記憶術の真髄を見せ付けた一冊と言えよう

【私の評価】★★★☆☆(76点)



■著者紹介・・・藤本 忠正(ふじもと ただまさ)

 1967年生まれ。
 幼少のころ後天性記憶障害を患いながらも
 独自の記憶術を開発し、中学・高校時代は学年1位。
 2006年記憶力日本選手権大会優勝。
 2007年記憶力日本選手権大会準優勝。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む