「理解という名の愛がほしい」山田ズーニー

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

理解という名の愛がほしい----おとなの小論文教室。II

【私の評価】★★★★☆(89点)


■山田ズーニーさんの
 「おとなの小論文教室シリーズ」の一冊です。


 今回も、コラム形式でズーニーさんの体験から
 人生論、人間論、コミュニケーション論が
 引き出されます。


■ズーニーさんの見方では、
 しゃべっている人は
 「わかっていない人」だそうです。


 初心者営業マンのことを
 言っているようですね。


 余裕のある人であれば、
 質問で相手の意見を引き出し、
 その場をコントロールしていくものです。


 ・多くは、「わかっている人」は、黙っている
  声高らかに、しゃべっているのは、
  多く、「わかっていない人」だ。・・・
  なぜか饒舌になるとき、そこに、
  どんな心理が働いてるのだろうか?(p114)


■私が一番「グサッ」ときたのは、
 ミュージシャンのライブのところです。


 ズーニーさんがライブに行ったら、
 そこでは、( うまい )ミュージシャンが
 演奏していました。


 たしかに「うまい」のだが・・・・。
 なにかが足りない?・・・


■ズーニーさんは、
 このミュージシャンは、お客の期待に応えることを
 優先してしまって、
 自分らしさを出してこなかったのではないか、
 と分析します。


 ズーニーさんは「毒」と言っていますが、
 「毒」=「自分らしさ」こそ、最も貴重なものでは
 ないかと再認識しました。


 ・親切に、100%お客さんの期待に「応えて」いった結果、
  ステージの完成度は高いが、
  何か小さくまとまってしまったのではないか。
  ときに、お客が、どん引きしても、ぬけっ、と、ずけっと、
  「俺は、今日、これでいく」というような「毒」が、
  彼らにはなかったのではないだろうか。(p103)


■山田ズーニーさんは女性だったんですね。
 最近、わかりました。(失礼しました。)


 あいかわらず、鋭い視線で
 人とのかかわりを切ってくださいました。
 ★4つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・若い人が捜し求めている方の、
  「生きる実感」ってなんだろう?
  あれは、歌でいうところの「サビ」の部分ではないか?・・・
  でも、サビは、サビの部分だけつかもうとして、
  つかめたら、実感はうすい・・・
  あなたにとって生きる実感とはなんだろう?(p24)


 ・次のような母の書き置きが私の机の上にありました。・・・
  あなたは真珠をもっている。
  心の中にその輝きがあるのを私はいつも感じている
  もしも、今、会ったばかりの他人が気付かなかったとしても、
  そのためにその輝きを曇らせないでね
(p190)


 ・本当のことだけが人を動かす、
  と私は思っているのだが、
  去年、気持ちを正直に書いたら、
  友人を嫌なカタチでただ、
  ムカつかせただけ、だったようだ。・・・
  人は本当のことを言おうとするとき、
  「考える」ことが必要だ。(p53)


▼引用は、この本からです。

理解という名の愛がほしい----おとなの小論文教室。II
山田 ズーニー
河出書房新社 (2006/03/10)
売り上げランキング: 12234
おすすめ度の平均: 5.0
4 コミュニケーションでどこまで自分以外の人とわかりあうことが出来るのか
5 ずっしりとココロに響きます。
5 良書です

【私の評価】★★★★☆(89点)


■著者紹介・・・山田ズーニー

 1984年ベネッセコーポレーション入社。
 進研ゼミ小論文編集長。
 2000年独立。執筆、講演、編集・ライター育成などを行なう。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む