「できる人の勉強法」安河内 哲也

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
できる人の勉強法
できる人の勉強法
posted with amazlet on 07.04.25
安河内 哲也
中経出版 (2006/12/19)
売り上げランキング: 106
おすすめ度の平均: 4.5
4 良いですね
5 単なる勉強法だけではない
4 サプリメントとしても有効

【私の評価】★★★★★(92点)


●学校では勉強を教えてくれますが、
 勉強のやり方は教えてくれません。


 残念なことですが、それが現実です。


 しかし!この一冊ですべてが解決します。


 ・科目・テーマにかかわらず、
  テキストや参考書はかならず2~3回は音読する!(p59)


●音読する、一冊の参考書を繰り返すなどの
 勉強の基本技術は、すべて網羅されています。


 ・1分野につき、1冊の参考書で勉強しよう(p98)


●また、「本物」に触れる、海外旅行してみる、
 友達を選ぶなど、勉強を促進する工夫も
 満載されています。


 ・1日だけでも、いま学んでいることの「本物」にふれる(p183)


●実績のあるところには、必ず秘密があります。
 カリスマ講師は伊達ではありません。本物です。


 すべての大学とTOEIC受験生が、
 この本を手にするように祈念して、
 ★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「1日どのくらい勉強すればいいのですか」・・・
  「できたら1日1時間。もし無理なら1日30秒」(p71)


 ・英語や韓国語の勉強に、映画やテレビドラマ、外国語に翻訳された
  日本のアニメやマンガなどを使っています。これなら楽しみながら
  語学を学ぶことができます。(p67)


 ・つきあう人間によって成績が左右されることが多々あります。(p217)


 ・アメリカ南部の町に滞在したとき、ドミトリーの向かいの韓国人商店の
  婦人から言われた言葉も忘れられません。私が日本から来たと挨拶を
  するやいなや彼女が放ったのは、「私が日本人が嫌いだ」のひと言。(p142)


▼引用は、この本からです。

できる人の勉強法
できる人の勉強法
posted with amazlet on 07.04.25
安河内 哲也
中経出版 (2006/12/19)
売り上げランキング: 106
おすすめ度の平均: 4.5
4 良いですね
5 単なる勉強法だけではない
4 サプリメントとしても有効

【私の評価】★★★★★(92点)

■著者紹介・・・安河内 哲也(やすこうち てつや)

 東進衛星予備校講師。英語の企業研修講師。
 成績不振の受験生やTOEICを受験する社会人を、
 短期間で成績アップにつなげるカリスマ講師として活躍。

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む