本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「7デイズ・コーチング」近藤 直樹

(2007年4月26日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

7デイズ・コーチング

【私の評価】★★★☆☆(76点)


●この本では、最初に自分自身のプロジェクト(意図)を
 立ち上げるように指示されます。


 つまり、この本は、目標達成のためのプログラムです。
 この本がコーチになります。


●特徴は「目標」を「意図」と
 表現していることでしょう。


 「意図」とは人生の方向性と合っている目標です。
 (例:砲丸投げで日本一になる)


 そして「目標」は、「意図」に沿った数値化できる
 短期の目標となります。

 (例:トレーニングプログラムを作る、コーチを探す・・・)


 ・成果を測れるような目標を決めていく(p52)


●このプロジェクト(意図)を考えることが
 一つの自己発見のコーチングそのものになります。


 そして、プロジェクト(意図)を
 周囲の人に話してみます。


 助言を受けたら、どのような助言でも
 「ありがとうございます」
 と答えるのがポイントです。


●この本の意図するように、
 読者がプロジェクトを立ち上げた時点で、
 この本を買った意味があるのでしょう。


 私もゴールデンウィークに向かって、
 プロジェクトをひとつ立ち上げます。
 ★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・魚を与える・・・・・・・・・・・・お世話的な関わり方
  魚の取り方を教える・・・・・・・・・・・ティーチング
  魚の取り方を創作することをサポートする・・コーチング(p21)


 ・「意図」を明確にする(p30)


 ・行動の中にのみ現実は存在する(p128)


▼引用は、この本からです。

7デイズ・コーチング
近藤 直樹 岸 英光
エクスナレッジ (2005/12/10)
売り上げランキング: 99910

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■著者紹介・・・近藤 直樹

 1969年生まれ。1997年から岸 英光氏の講座を主催する。
 2002年「人を力づける」という宣言の下にBe@workを設立。
 経営者、営業マンにトレーニング、プログラムを提供している。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: