「聖(さとし)の青春」大崎 善生

| このエントリーをはてなブックマークに追加

聖の青春 (講談社文庫)

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)84点


●村上聖(さとし)氏は、どこにでもいる元気な子どもでしたが、
 3歳頃からたびたび熱を出すようになりました。


 そして、5歳になった夏のある日、顔が風船球のように
 おおきく膨れ、医者からネフローゼと診断されます。


※ネフローゼ

 肝臓の機能障害により、血中の淡白が尿に排出され、
 体内の淡白濃度のバランスが崩れ、水分が体の細胞に流出。
 その結果、顔や手が異常にむくみだす病気。最悪の場合、
 肺水腫などで死亡することもある。原因は不明。


●入退院を繰り返す聖は、6歳になって将棋を覚えます。


 療養学校に入り、家族と離れた生活をしながら、
 字もろくに読めないのに
 将棋の本を読み続ける毎日でした。


●9歳となると、将棋の本を読んでいるだけなのに、
 大人にも将棋で勝つようになります。


 もっと強くなりたい。


 そして名人になりたいと思うようになります。


 ・もっともっと強くなって、名人になりたい。
  そう思った瞬間、聖の胸はわけもなく熱くなった。(p53)


●実家の近くの将棋教室では将棋の相手がいなくなり、
 聖は、広島将棋センターに通い始めます。


 そして将棋付けの日々。


●中学1年生になると、アマ名人を破るほどに強くなり
 「奨励会に入り、プロになる」ことを望みますが、
 家族は反対。


 ネフローゼという病気を理由に反対の両親は、
 親族会議を開いて聖を説得しようとしますが、
 逆に集まった親族は、聖の信念に逆に説得されてしまいます。


 ・「谷川(名人)を倒すにはいまいくしかないんです。
   お願いです、僕を大阪にいかせてください」
  その純粋で真摯な情熱を前に誰も口を開くことができなかった。(p71)


●聖は、病気でたびたび寝込むというハンディがありながら、
 奨励会の階段を駆け上がり、17歳で四段昇級、
 25歳でA級八段昇級を果たします。


●そして、平成7年11月7日、A級順位戦において、
 聖は、念願の谷川浩司と対戦し、谷川を破ります。


 名人がすぐそこに見えてきたのです。


※A級順位戦

 順位戦は名人を頂点とするリーグ戦で、A級、B級1組、B級2組、
 C級1組、C級2組の5クラスから成り、A級10名の中から
 優勝した者が名人挑戦者となる。


●しかし、平成9年に膀胱がんであることが発覚。


 手術をするも、がんが再発し、
 29歳で帰らぬ人となります。


●将棋に打ち込み、そして、目標である「名人」に
 もう少しで手が届きそうな中で倒れた村山聖氏。


 涙が流れました。


●病気とともに将棋の世界を駆け抜けた村山聖氏の人生に
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「いや、僕は結婚できないんです」
   村山はきっとした目線を私に投げかけてきた。
  「僕は病気で長生きできないから、先に死んでしまうのでは
   相手がかわいそうです」(p255)


聖(さとし)の青春
聖(さとし)の青春
posted with amazlet on 06.05.06
大崎 善生
講談社 (2002/05)
売り上げランキング: 15,930
おすすめ度の平均: 4.89
5 やはり泣けました
5 師匠(森信雄)も素晴らしい方です。
4 研ぎ澄まされた感覚の中で

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)84点


●著者紹介・・・大崎 善生

 1957年生まれ。日本将棋連盟に入り、「将棋マガジン」
 編集部を経て、「将棋世界」編集長。
 退職後は、作家活動に専念。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)