本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「5分間の使い方で人生は変わる」小山 竜央

本のソムリエ 2022/06/10メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「5分間の使い方で人生は変わる」小山 竜央


【私の評価】★★★★☆(87点)


要約と感想レビュー

 6月19日に宮城県多賀城市立図書館で「スキマ時間を活かす時間術」というセミナーを開催するので手にした一冊です。


 著者の主張は、3時間勉強するより、「5分間勉強しよう!」というものです。5分間を10個集めて50分間。これに10分休みを足して1時間勉強しようということです。仮にあなたが「3時間勉強する!」と決意しても、脳が3時間は面倒くさいと感じてしまうのです。すると、風呂に入ってから勉強しようとか少し寝て頭をスッキリさせてからと、現実逃避がはじまってしまいます。だから「5分間勉強しよう!」くらいなら、脳が「面倒くさい!」と判断しにくくなり、一度動きはじめれば5分が10分となり20分となってしまうのが、人間の不思議なところなのです。


・行きたくない場合は、やる気を出すために5分間だけ体を動かす(p104)


 著者は、「自分のを信じてはいけない」と表現しています。人は頭の中で「変わりたい」と思っても、人間の生存本能は、今生きているだけで十分であり、変化を求めません。だから本能が抵抗しにくくなる5分単位でやることを考えることで、新しいことにも挑戦できるし、面倒くさいことにも取りかかることができるということです。


 例えば朝、職場で今日のToDoリストを作ったものの、大事だけれども難しい仕事に手がつかず、簡単な仕事だけをやってしまい、難しい仕事をやる時間がなくなってしまったことはないでしょうか?そうしたときには、5分間だけ難しい仕事をやってみる、または、5分間だけ難しい仕事の資料を整理して、取り出しやすい場所に置いてみるのです。「たった5分だけだからやってみよう」と抵抗する本能を騙すのです。


・早朝のジョギング・・・寝る前に5分間だけ時間をとって、玄関にジョギングシューズとペットボトルを置いておく(p73)


 著者の5分間でできることのおススメは、5分で社内の仕事のできる人にコツを聞くこと、5分間だけ周囲を掃除すること、5分間だけ空を眺めること、電車の中の5分間をムダにしないこと、です。5分間というのは思ったより長いのです。試しにYOUTUBEで有酸素運動を検索して、5分間エクササイズしてみましょう。かなり疲れますよ!毎日5分間運動したら、体形変わります。5分間が人生を変えるのです。


 5分間で自分の未来をイメージして5分間で人にうまくいくコツを質問し、5分間でコツを実行するのです。5分間というのは思ったより、影響が大きいということにびっくりします。その他にも人生をゲームと考えることで、客観的に自分を見詰める方法や、自分の目標をトレジャーマップとしてやるべきこと、達成イメージを作るコツなど充実した内容でした。


 やや古い本ですが、簡単に読めるので★4つとしました。小山さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・5分後の自分を常にイメージする(p35)


・何でもいいのでまずは、"小さな1番"を目指すことです(p28)


・「寿命を2倍」にする・・・これまでにしたことのない新しいチャレンジすること(p87)


・居酒屋に行くことを3回我慢して、1万5000円ほど貯める・・・最高級の食事を楽しむ(p96)


・1まずは今稼いでいる人の話を聞いてみる 2稼いでいる人が過去に何をしたのかを調べてみる 3稼いでいる人と今の自分の、何が違うのかを調べる(p106)


・世界はゲームである・・・今の自分を客観的に見た「キャラクターシート」を書く(p135)


・トレジャーマップ・・・現在地・・・3つの円の中には、ゴールに至るまでクリアしなくてはならない通過点を書き込んでいきます・・・ゴールにも写真を貼り、イメージできるようにしておきましょう(p205)


▼引用は、この本からです
「5分間の使い方で人生は変わる」小山 竜央
小山 竜央、KADOKAWA


【私の評価】★★★★☆(87点)


目次

第1章 なぜ、あなたの日常は変わらないのか
第2章 成功哲学本・自己啓発本は役に立たない
第3章 無理をしないで自分を変える方法
第4章 ネガティブ思考の成功法則
第5章 自分の可能性を最大限に引き出す方法
第6章 あなたの"基準"を高める15の習慣
第7章 お金に対する"基準"を高める思考法



著者紹介

 小山竜央(こやま たつお)・・・株式会社ライブクリエイト代表取締役。1982年、香川県生まれ。2003年、個人が運営するオンラインゲームサイトが月間3600万PVを突破。ゲーム業界にてアバターを用いたアバガチャを広める。2005年、大手広告代理店に入社しSNS開発、ゲーム開発、マーケティングに携わる。その後、独立し、過去に培った知識を元に「ゲーム理論マーケティング」を取り入れた法人へのビジネス指導と、講演会を全国で開催。シンガポール、マレーシアにて世界的に有名な講師育成プログラムTTT(Train‐the‐Trainer)を経て、潜在的、局地的なインタラクティブを利用した講演プロモーション戦略を考案。


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログランキング/>にほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: