本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「「コツコツ投資」が貯金を食いつぶす」荻原 博子

本のソムリエ 2021/07/02メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「「コツコツ投資」が貯金を食いつぶす」荻原 博子


【私の評価】★★★★☆(81点)


要約と感想レビュー

 テレビでおなじみの荻原さんが教える投資や保険で注意すべきことです。


 まず、投資ですが、株式にしろ、不動産にしろ、外貨、金投資にしろ、上がることもあれば、下がることもあります。だから、投資とは最低限必要な資金を別に確保したうえで、仮にゼロになっても問題ない資金を使う必要があります。


 投資するなら10年、20年、30年といった長期のスパンで放ったらかしにすることで経済成長と合わせて値上がりする確率を高めることができるのです。


・そもそも投資とは・・・「それを全部失っても大丈夫」という資金を用意してから始めるべきこと(p6)


 保険については、日本は公的保険が十分なくらい充実しています。ですから、民間の生命保険は、不足と思う分だけを掛け捨てでインターネット保険とすること。生命保険を掛け過ぎると、保険金は確実に出ていきますし、仮に保険金をもらえるとしてももらえるのは残った人なのです。


 また、医療保険も個人負担額は決して高額になりませんので、保険金を支払い続けるなら、その分を貯金したほうがよい場合が多いのです。


・民間の生命保険は、必要な保障額の分だけ、掛け捨てで入ること。インターネットの保険なら、人件費が不要なぶん、保険料は安くなります(p139)


 借金をしているなら、投資する前に借金を返せ!と非常に常識的な内容でした。


 その一方で、世の中には、こうした常識のない人を狙って投資信託を買わせたり、FXをやらせたり、無駄な保険に加入させようとする人がいるということなのでしょう。


 お金については、常識くらいは知っておくべきと思いますので、ちょっと不安な人はこの本を参考にしてみてください。荻原さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・まずは、借りたお金を返しましょう(p19)


・FXで実際の手持ちのお金以上のお金を動かすということは、借金をして運用しているということ(p58)


・ダイヤより金のネックレス・・50万円もしたダイヤは、売ると二束三文の可能性があり、火事にでも遭ったら燃えて消えてしまうだけです(p64)


・iDeCoに加入するなら「60歳までは引き出せない」という覚悟が必要です(p73)


・公的保険という日本で最強の保険に加入している・・・それを使わずに、高いお金を払って民間の生命保険に加入するという不合理なことをしている(p114)


・地震保険の加入率は3割ほど・・・火災保険に加入するときに地震保険も一緒に検討してみる価値はありそうです(p180)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「「コツコツ投資」が貯金を食いつぶす」荻原 博子
荻原 博子、大和書房


【私の評価】★★★★☆(81点)



目次

1章 投資を家計に持ち込むな!
2章 保険で資産運用はするな!


著者紹介

 荻原 博子(おぎわら ひろこ)・・・経済ジャーナリスト。大学卒業後、経済事務所勤務を経て1982年に独立。掛け捨て保険、デフレ経済下でローン返済の必要性を説き続ける。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: