人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「悪条件サロンでも年商1000万円を実現する経営のルール」岩山 ひろみ

2021/04/21本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「悪条件サロンでも年商1000万円を実現する経営のルール」岩山 ひろみ


【私の評価】★★★★☆(86点)


要約と感想レビュー

 著者は駅から25分の団地の一角(5階でエレベーターなし)で、耳つぼダイエット専門の自宅サロンを開業しました。お客様から好評だったものの月収は10万円程度。


 そこからブログやSNSでの集客、接客の工夫を続けることで半年予約待ちの繁盛店となりました。やはり次回の予約を入れてもらうのが重要で、予約を入れたくなるサービス、関係作りが大切だと再認識しました。


・2回目以降の予約については最初に伝えておきましょう・・・決定権はお客様にあること、強引な勧誘はしないことを伝えてお客様の不安を取り除きながら、2回目以降の来店について考えてもらう(p93)


 一番ハードルが高いのが、最初の一歩でしょう。何をやるのか。何ができるのか。何が求められているのか。


 自分が好きなことでも人から求められなければ集客できす、ニーズがあっても自分に能力がなければ良いサービスが提供できません。


 提供サービスを決めた後も、自宅で低コストでスタート。体験モニターを募って感想を聞く。メニュー、接客、集客を改善していくなど試行錯誤が続きます。


 こうしたスモールステップで進めるのが現実的であり、失敗したとしても致命的にならないコツなのでしょう。


・体験モニターを募って場数を踏むと同時にお客様から感想文を集め、生の声に数多く触れる(p38)


 多くのお店に適用できる王道の内容でした。


 お客様は常にこの料金を支払うにふさわしい空間とオーナーかどうか確認しているわけで、その目は厳しいものだと思います。そうしたお客様に予約を入れ続けてもらうために、常にサービスを改善していく必要があるのです。


 岩山さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・期待感が高まるのは、何でも屋さんではなく「専門家」(p24)


・「誰の、どの悩みを解決する専門家になるのか」を定めて、ウェブ上で発信し、集客をしていきます(p30)


・お客様の悩みや来店のきっかけを聞き出したら、通うとどのくらいの期間でどうなれるのかを具体的に伝えていきます・・・ビフォーアフターの写真などを活用して視覚にも訴えましょう(p97)


・思わず予約したくなるメニュー・・・悩みを解決した未来像がありありと見える(p76)


・「早く予約しなくちゃ」と思わせる演出・・・「外部の方がネットから予約を入れると取れなくなるのでここで取ってしまいましょうか」と話しながら、お客様の目の前で予約を入れましょう(p117)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「悪条件サロンでも年商1000万円を実現する経営のルール」岩山 ひろみ
岩山 ひろみ、合同出版


【私の評価】★★★★☆(86点)



目次

Prologue あなたの悩みは「悪条件」が原因ではない
Chapter1 専門性を打ち出して選ばれるサロンになる
Chapter2 ホームページなしでもブログとSNSで集客は最大化できる
Chapter3 初回来店の接客がリピートを左右する
Chapter4 くつろぎと信頼を与えるインテリアと身だしなみ
Chapter5 自分もサロンも成長し続けるためのマインドとアクション
Chapter6 悪条件でも成功できた私たちのビフォーアフター


著者紹介

 岩山ひろみ(いわやま ひろみ)・・・アトラパス株式会社代表取締役。サロン経営コンサルタント。サロン専門のビジネススクール「マスターサロン経営塾」主宰


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: