人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「とほかみえみため~神につながる究極のことだま」大野靖志

2021/03/28公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「とほかみえみため~神につながる究極のことだま」大野靖志


【私の評価】★★★☆☆(72点)


要約と感想レビュー

 「とほかみえみため」とは神道、神さまを拝むときにつかう言葉だという。ただ、その意味はよくわからないらしいのです。よくわからない言葉が私たちの祖先から伝承されているのは、言霊の国ならではではないでしょうか。


 天皇が祖先である天照大神をお慰めするために、この言葉を唱えてお務めを果たすと、この本には書いてありますが本当なのでしょうか。仮にそれが正しいとすれば、「とほかみえみため」とは興味深い言葉なのでしょう。


 私たちは遺伝子情報でハードウエアの情報を伝達し、言霊によってソフトウエアの情報を伝達してきたのです。そこには祖先への感謝の気持ちしかありえないのは、確かだと思います。根拠が乏しいので★3としました。大野さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・言葉は神である・・・日本語の一音一音は、古事記に登場する神である(p23)


・「わたしとは祖先の集合体である」・・・「わたしは祖先からできている」とも表現できます(p40)


・私たち一人一人のDNAには、無数の祖先とあらゆる宇宙の記憶がストックされているのです(p64)


・一歩間違えると自己中心的な発想に聞こえるかもしれませんが、自分を大切にすることが祖先を大事にすることである、といってもいいのです(p108)


▼引用は、この本からです
「とほかみえみため~神につながる究極のことだま」大野靖志


【私の評価】★★★☆☆(72点)


目次

1 人生は自らの言葉で決まる
2 わたしたちが知らない先祖の力
3 わたしと神をつなぐのは先祖だけ
4 この究極の言葉で神につながる
5 「とほかみえみため」が切り開く人類の未来



著者紹介

 大野靖志(おおの やすし)・・・宮城県生まれ。早稲田大学商学部卒。ユダヤ教をはじめ世界各国の宗教と民間伝承を研究後、白川神道、言霊布斗麻邇の行を通じ、新たな世界観に目覚める。現在は、多彩な執筆活動と並行して、一般社団法人白川学館理事、ラボラトリオ株式会社代表取締役、neten株式会社顧問


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: