本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「八百長―相撲協会一刀両断」元・大鳴門親方

(2020年8月 6日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(83点)


内容と感想

■1996年、「若貴フィーバー」の頃に
 書かれた大相撲の実体について
 暴露した一冊です。


 私が大相撲に興味を持ったのは、
 貴ノ岩が日馬富士から暴行を受け、
 日馬富士は引退、内閣府に告発した
 貴乃花(貴乃花親方)が廃業し、
 角界を追放された事件です。


 この本を読んでわかったのは
 日本人は日本人同士で八百長をしており、
 外国人は外国人同士で八百長をしている
 ということです。


 モンゴル出身の貴ノ岩が、別の部屋の
 モンゴル出身の日馬富士と酒を飲んで、
 暴行を受けたということは、若乃花の
 指導でガチンコだった貴ノ岩が制裁を
 受けたと想像することができるのです。


・外国人力士の小錦、武蔵丸、曙が組んで星を回していることについては、協会内部でも批判の声が上がった・・・当然注射力士からも敬遠されてしまう(p199)


■貴乃花親方が内閣府へ提出した告発状の
 内容もよくわかっていませんが、
 八百長を放置する日本相撲協会を
 公益財団法人として不適切な組織として
 告発するものであったと想像できます。


 八百長をしなければ上に上がれない。
 つまり、日本相撲協会の役員になる
 ような人はほとんどが八百長をしている
 と推察できるわけです。


 そうした中で、現役時代から
 ガチンコで横綱となった貴乃花親方が
 内閣府へ相撲の現実を告発してしまった。


 日本相撲協会としては、
 自分が抹殺されるのか
 貴乃花親方を抹殺するのか
 という状況だったのでしょう。


・注射が存在しなければ横綱や大関は簡単には生まれない。ガチンコで横綱になった貴乃花や大乃国(芝田山親方)は神業に近いというのが、親方衆の一致した評価だ(p210)


■この本が出版される5月の前月、
 著者は原因不明の呼吸障害で 
 死亡しました。
 貴乃花親方も引退したことで
 命が助かったのかもしれません。


 25年前と古い本ですので、
 現在の大相撲とは状況が
 大きく違っていることが予想されます。


 しかし、八百長や、年寄株の売買による
 一門どうしの相撲協会内部の勢力争いは、
 現在も続いているように感じます。


 本当のところはどうなのでしょうか。


 大鳴門親方、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・現役の若い力士に聞いて驚いたのは、幕内には40人の力士がいるが、その中で100%のガチンコ力士はたった11人しかいないということだった(p197)


・昭和38年秋場所で、4場所休場していた柏戸(かしわど)さん(鏡山親方)が全勝優勝した・・・石原慎太郎が八百長発言をして告訴に発展した事件だ。これが大掛かりな八百長の始まりといわれている(p23)


・当時注射をほとんどやらなかった力士で協会に残っているのは、大受、大潮(式秀親方)、富士櫻(中村親方)、出羽一門の義ノ花や羽鷲山といった力士くらい。おかしなことに、こういった正統派の親方たちは、どうしたことか協会に残ってはいるのだが、要職にはついていない(p56)


・千代の富士の53連勝中のことだ。NHKの相撲中継の解説者として番組内で私は・・・アナウンサーが、「この連勝はいつまで続くんでしょうね」とつまらないことを聞くものだから、つい、「止めるといってもガチンコの大乃国(芝田山親方)しかいないんだからね・・・」と生放送にもかかわらず吐き捨てるように答えてしまった・・・NHKから開設者としてのお呼びがかからなくなってしまった(p109)


・「大乃国は十両時代に(注射を)バンバンやっていたのに、入幕と同時にいい子になってしまったのが、注射力士たちには気に入らない・・・それで千代の富士が「大乃国に挨拶するな・・などと号令を出したりして、支度部屋でもみんなに無視されるようになってしまった(p116)


・小錦にとって不運というか、自業自得というか、注射を覚えたことでだんだん稽古をしなくなった・・・小錦は協会の外国人排斥の動きの犠牲になり、横綱になれなかったといわれているが、実際は国民栄誉賞横綱の注射地獄に潰されたようなものだ。こういった実態は協会も知っていたが、小錦の「横綱阻止」のために放置していたことが、千代の富士の八百長を益々増長させていたのである(p138)


・引退、廃業したからといっても、それまでに借りた星が消えてなくなるということにはならない。やむなく引退した場合、星を買い取る形でお金を支払うか、残った同部屋の力士から星を返してもらうというのがしきたりとなっている(p194)


・私がタニマチのところに板井を連れて行こうとしても、板井はまず行こうとしない。これは10万円や20万円しか祝儀をくれないタニマチのお座敷に行って、頭なんか下げてられん・・・横綱・大関に星をひとつ売れば50万円、60万円になるということ・・・1場所で300万円ぐらいになる(p111)


・野球賭博のように勝敗が暴力団のシノギを左右するようなことがあればともかく、相撲は八百長が当たり前の世界と暴力団も知り抜いているため、あまりバクチの対象にはなっていない。そのため、寄って来るのは根っからの相撲好きという暴力団がほとんど(p95)


・暴力団は力士たちのいいタニマチ・・九州場所では、私は北の富士の取組みに対し、右翼団体の名前で毎日毎日懸賞を何本も出してくれたりもした・・・文部省が絡んできたために、協会も仕方なく、うるさいから縁を切ろうとしたのだが、暴力団の側からすれば、「何を今頃になって。苦しいときには助けてやったのに、一方的にそれはないだろう」(p74)


・年寄株というのは、一門内で売買した場合には・・2億円~2億3千万円といったところが相場。ところが、一門外に売ればこれが1.5倍以上になる。それには理由がある。年寄株ひとつは理事選の票に直結する・・一門の協会内での力関係が変わることにもなる(p20)


・年寄株の取得が3億円、部屋の土地購入と建築費で5億円以上が必要なご時世だ・・・それは部屋経営だけで返済できる額でもない。そのためタニマチの世話にならなければならないのだ(p152)


・相撲協会教会には元税務署長の事務長が天下りしているため、「各部屋への税務調査はない」というのが、親方たちの間では常識となっている(p50)


・田中英寿監督の率いる日大勢はいろいろな部屋に分散して入門している。これは、大相撲を牛耳りたいがための策だと聞いたことがある(p184)


・横綱審議委員会のメンバーに、NHKをはじめ、朝・毎・読のトップを巻き込んでいるのも、マスコミ対策に他ならない。地方新聞社の河北新報の一力一夫主を入れたのも二子山前理事長の個人的なタニマチだったからだ(p214)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

元・大鳴門親方、鹿砦社


【私の評価】★★★★☆(83点)



目次

八百長密議
陣幕はなぜ俺を告訴しない
監察委員会のメンバーは八百長常習者ばかり
年寄株の内幕
暴力団は力士たちのいいタニマチ
黒い交際と女漁り
国民栄誉賞横綱も八百長まみれ
横綱・輪島も八百長だらけ
地方場所こそおいしい部屋持ち親方
チケットで懐を温める親方衆
協会が外国人力士を追い出すキッカケ
スカウトの辣腕は佐渡ヶ嶽親方
今も花盛り、八百長相撲
地方巡業はSEXと博打旅行


著者紹介

大鳴門(おおなると)親方・・関脇高鉄山(こうてつやま)。本名・菅 孝之進(すが こうのしん)。1942年(昭和17年)生まれ。1957年(昭和32年)朝日山部屋に入門。十両優勝1回、幕内準優勝2回。敢闘賞、技能賞各1回受賞。最多出場記録史上2位。関脇まで昇進。引退後、1975年(昭和50年)に大鳴戸部屋を設立。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: