本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「水道民営化で水はどうなるのか」橋本 淳司

2020/07/25本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(71点)


内容と感想

■水道事業が曲がり角にさしかかって
 いるのだという。


 人口減少、水の使用量減少、職員減少、
 過去の過大投資による借金の負担で
 水道料金は上げざるをえない。


 さらには設備の老朽化に対応する
 ための設備投資資金をどのように
 出していくのか。


■この本では、現状を冷静に説明し、
 国内外の事例を紹介しています。


 今後の水道事業は何かを変えていかなくては
 ならないのは明白であり、それは民営化とか
 公営といった手段だけの議論では不十分
 なのでしょう。


 答えを提言するわけではなく
 多くの人に現状を理解してもらい
 議論に入ってもらいたいという一冊でした。


 橋下さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・一人あたりの生活用水使用量は減っています。2000年頃は一人一日322リットルほどでしたが・・・現在は297リットルほどになっています(p4)


・老朽化した水道管の破裂事故は、毎年1000件を超えています・・・法定耐用数40年を経過した管路は15%・・・厚生労働省は水道事業者に更新を急ぐよう求めていますが、1キロメートル当たり1億~2億円かかるために・・・すべての更新には130年以上かかる計算です(p7)


・1980年代に全国に7万6000人いた水道職員は、2014年には4万7000人になりました・・・水道事業の経費で多くを占めるのは施設・設備ですから、本来は過剰になった設備の縮小こそが有効だと考えられます(p7)


・宮城県では・・・上迎水道、工業用水道で現在年間60億円かかっている費用を1~2割削減できるとしているので、年間6~12億円の節減・・・節減方法としては、遠隔監視システムの導入、IoT活用による効率化、浄水にかかる薬品をこれまでの個別購入から一括購入にできるなどを挙げています(p22)


・PFI(プライベート・ファイナンス・イニシャチブ)を導入していたロンドンの鉄道事業、マンチェスター市のごみ処理事業は失敗し、自治体の業務を請け負っていたカリリオン社は経営破綻しました(p29)


・岩手県北上市、花巻市、紫波町・・・水道事業の統合案が出されました・・・肝心なのは人材の確保です。一部事務組合の場合、職員は管轄する役所からの出向が一般的です。出向の場合、約3年の人事異動で職員が代わるため専門性が蓄積されません。そこで菊池さんは「新しい企業団は専任職員だけで」と決めて、北上市長に「3年だけでいいという根性のないやつやいらない」と直談判し了承してもらいました(p37)


・下水道の総延長は約47万キロあります。そのうち下水から発生する硫化水素の影響で腐食リスクが大きく、定期点検を義務付けられた管は主要な管渠(かんきょ)だけで約5000キロあります(p47)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★☆☆(71点)



目次

第一章 水道は大きな曲がり角――現状と法整備
第二章 水道法の改正で何が変わるか――コンセッション方式とは
第三章 水道再公営化に向かう世界――イギリス,フランスの場合
第四章 小さな自治体でもできること――さまざまな選択肢
第五章 新時代のまちと水道――市民参加の現場から
第六章 「水点」からの発想――少数居住地域でも柔軟に


著者紹介

橋本 淳司(はしもと じゅんじ)・・・1967年生まれ。学習院大学卒業。水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所代表。水と人の未来を語るWEBマガジンaqua‐sphere編集長。現在、NPO法人ウォーターエイドジャパン理事、NPO法人地域水道支援センター理事、水循環基本法フォローアップ委員会委員


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: