本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「読書をプロデュース」角田陽一郎

(2020年4月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(81点)


■「さんまのSUPERからくりTV」
 「中居正広の金曜日のスマたちへ」
 を手掛けたTBSプロデューサーの
 読書のすすめです。


 著者は高校生のとき
 中公文庫の「世界の歴史」16巻を
 読んで、小説のような
 おもしろさを感じたという。


 著者は、読書で世の中の多様さを
 知ったことで、あえてテレビの
 バラエティの世界を選んだという。


 読書で生き方を変えた人が
 世の中にはけっこういるのです。


・読書することで「やりたいこと」が見つかる・・・チャップリンの自伝を読んで俳優を志すようになった宇梶剛士さんや、冒険家・植村直己の著書を読んで登山を始めた野口健さんの話は有名です・・(p74)


■著者の本の読み方は普通です。


 「つまらない」と思ったら
 読むのをやめる。


 速読するより、
 自分のペースで読む。


 アウトプットしない。
 メモしない。
 (やりたければやる)


 読書は自分の成長とともに
 変わっていくものであって、
 その時に合った本を幅広く読んで
 いこうというものでした。


・まえがきと第1章くらいまでは読みましょう・・・その上で、僕は「つまらないな」と思ったら、読むのをやめます(p44)


■読書をして悪いことはない。
 いいことしかない。
 なんで読まないの?という
 思いが伝わってきました。


 読書をして悪いことはない、
 は正しいと思います。
 自分のレベルに合った本を
 読んでいきましょう。


 角田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・速読できる人が、自分のペースで本を速く読み終えて、効果を実感できるようであれば、それは素晴らしいことだとは思いますが、あくまで自分のペースで読むことが大事・・(p69)


・僕は他人の「つまらない」という悪いほうの意見は信用しません。なぜなら「その人に、その本をおもしろいと思うだけの素養がなかった」だけかもしれないからです(p87)


・仕事でもっとも大事な「想像力」は小説で磨ける・・・人間は感情で動きます。その感情は、ストーリーが原動力なのです(p121)


・テレビ業界には「ワイドショーは、くだらないゲスに毒々しくしないと視聴率が取れない」みたいなことを言うテレビマンがいますが、まさにこれが想像力の欠如だと思います(p178)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



角田陽一郎、秀和システム


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 なぜ僕たちは今、本を読まないと死んでしまうのか?
第2章 どんな人にとっても、読書は「いいこと」しかない
第3章 仕事でもっとも大事な「想像力」は小説で磨ける
第4章 僕たちは今後、どのような読書をすればいいのか?
第5章 読む本に迷ったら、まず新書を手にしよう


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: