本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「サブスクリプション」ティエン・ツォ

(2020年4月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(86点)


■米国では小売店だけでなく、
 ショッピングモールが
 減少してきているという。


 リアル店舗からネット販売、
 ネットでのサービス販売に
 大きな転換が起きているのです。


 そしてデジタルサービスは
 商品を買うのではなく、
 月額○円で使い放題などといった
 継続課金になっいる。


 この本ではそうしたサブスク
 (継続課金)の実例を数多く
 教えてもらえます。


・『フィナンシャル・タイムズ』紙(FT)・・・定期購読者は90万人を超えるが、売上の75%以上がデジタル版からである(p114)


■特に原価がかからないソフトウエア、
 情報、サービスは定額課金に変更する
 会社が増えてきました。


 アマゾンプライムは月額500円で
 アマゾンの商品送料無料、
 プライムビデオ見放題です。


 PDFのアドビは、高機能を使おうと
 すると月額1580円の定額契約が必要。
 マイクロソフトのOFFICEでさえ365という
 定額課金サービスを拡大させています。


 米国から10年遅れと言われる日本でも
 売り切りから継続課金ビジネスが
 拡大していくのでしょう。


・アドビ・クリエイティブ・クラウドのサブスクリプション収入は、ほぼゼロから売上のほぼ100%を占めるまで躍進した・・・アドビが移行を発表した2011年の株価は約25ドル、移行翌年の収入はほぼ35%減少したが、その後、株価は年率25%ペースで上昇・・年間定期収益は約50億ドルである(p136)


■最近はスマートフォンの普及で
 スマホをプラットフォームとした
 ビジネスが拡大しています。


 ビジネスのサービス化、
 スマホ活用、IoT,AI,クラウドと
 ビジネス形態がどんどん変化している。


 事例をたくさん示してもらうことで
 刺激を受ける一冊でした。


 ツォさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・これからのビジネスの目標は・・・継続的な価値をもたらすサービスを創造すること・・・顧客をサブスクライバーに変えて、定期収益がもたらせる構造を築くことだ(p1)


・ストックホルムのハスクバーナ加入者は、(植木用電動バリカン)、チェーンソー、リーフブロアーのようなバッテリー駆動機器を利用することができる・・・毎月定額料金を支払い、道具を使い終わったら返却するだけ・・(p60)


・米国の3000万人以上が音楽ストリーミングサービスにお金を払っており、米国の音楽ビジネスの売上の半分以上を占めている(p76)


・カー・サブスクリプションの多くは、月ごとに契約することができる・・・出かける機会の多い残り2カ月はサブスクリプションで車を利用(p84)


・ハイブリッド型販売モデルというのは、セルフサービスでの販売と営業担当者による販売(一般に「サポート付き販売」と呼ばれる)の両方を組み合わせる(p241)


・スウェーデンの・・エヌジェニックは、スマート・サーモスタット・・を販売・・ほとんどの顧客は複数の電力会社と、需給状況に応じて1時間単位で変わる料金契約を結んでいる・・安ければ買う量を増やし、高ければ減らすという調整を分単位で行っている(p166)


・フランスの電力会社のエンジーは、顧客が電気製品の修理や保守のための訪問サービスを予約できるサービスを提供している(p181)


・ソーラースタートアップであるLO3エナジーは、ブロックチェーン技術を使って、太陽エネルギーを隣の家に売る仕組みを提供している(p182)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



ティエン・ツォ、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(86点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1部 サブスクリプション・エコノミーの到来
------------------------------------
第1章 製品中心から顧客中心へ――すべては顧客を知ることから始まる
第2章 小売業にまつわる誤解――古い「筋書き」を逆転させる
第3章 メディアの隆盛――新たな黄金時代の幕開け
第4章 飛行機、電車、自動車――サービスとしてのモビリティ
第5章 新聞・出版――かつて新聞を出していた会社
第6章 テクノロジー産業の復活――〝魚〟を飲み込め!
第7章 IoTと製造業の興亡――モノを売る時代は終わった
第8章 所有から利用へ――あらゆるビジネスに広がる成長機会

第 2 部 サブスクリプション・モデルで成功をつかむ
------------------------------------
第9章 企業がサブスクリプション・モデルを選択するとき
第10章 イノベーション――永遠のベータ版にとどまれ
第11章 マーケティング――4つのPが変わった
第12章 営業――8つの新しい成長戦略
第13章 ファイナンス――新しいビジネスモデルの構造
第14章 IT――製品ではなくサブスクライバーを中心に置く
第15章 組織にサブスクリプション文化を根づかせる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: