本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。人を奮い立たせる50の言葉」サイモン・シネック

本のソムリエ 2020/04/11メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(75点)


要約と感想レビュー

 サイモン・シネックはリーダーシップを伝授するコンサルタントです。シネックのお勧めは、メンバーのやる気を出せせるインスパイア型リーダーだという。そのためには、メンバーにWHY(なぜ)を伝えることが最も重要です。WHY(なぜ)を伝えると、メンバーが勝手に動くようになるのです。


 リーダーシップとは、自分で指示してやらせることではありません。仲間が成功するように導いてあげること。仲間が自分で考えて行動できるように、理由や情報を教えてあげることなのです。そして、うまくいったら協力してくれたことを認めてあげるのです。自分がスターになりたいと思う人が多いように感じますが、本当のリーダーは、メンバーをスターにさせたいと思う人なのです。


・WHAT(何)でもHOW(どうやって)でもなく、WHY(なぜ)を伝えることが、人を動かすために最も重要であるとシネックは言う(p4)


 マンガと名言という構成で読みやすい一冊になっていました。「リーダーは最後に食べなさい! 最強チームをつくる絶対法則」という書籍があるようなので読んでみます。リーダーは夢に向かって行動する人だから、くじけないのです。シネックさん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・リーダーシップとは、争って勝ちとる階級や地位のことではない。リーダーシップとは、仲間のために奉仕することを言う(p19)


・ひとりでは、何もできない。だから、ひとりでもできるというふりをしてはいけない(p68)


・天才は、素晴らしいことを思いつく。でも、行動しないと、周りの人たちにはそれがわからない(p27)


・もう少しでひらめきそうというときに限って、いろんな批判が聞こえてくる。でも、どんな批判も素直に聞けば、アドバイスに変わる(p52)


・思い描いたとおりになしとげたときは、本当に胸がわくわくする。でも、満足感は、そこへたどりつくまでの旅から生まれる(p78)


・「早く着きたいなら、ひとりで行け。遠くまで行きたいなら、みんなで行け」アフリカのことわざ(p121)



サイモン・シネック、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★☆☆(75点)


目次

レッスン1 「なぜ働くのか」を見つけよう
レッスン2 仲間を探そう
レッスン3 ビジョンを見つけよう
レッスン4 信じてやり抜こう
レッスン5 仲間に尽くそう
レッスン6 仲間に任せよう
レッスン7 毎日磨いていこう



著者紹介

 サイモン・シネック(Simon Sinek)・・・組織コンサルタント。ランド・コーポレーション非常勤研究員。国連、アメリカ連邦議会、米陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊、ディズニー、アメリカン航空など多数の企業・NPOで「人を奮い立たせる方法」を伝授する。TED動画「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」が4000万回以上再生され(史上3位)、47か国に翻訳された。


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。

↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: