本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「伝わるスイッチ 少ない言葉+ていねい+正しそうでOK!」深沢真太郎

(2020年2月 5日)|

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■著者はビジネス数学の研修講師として
 リピート率100%の分かりやすい
 研修で有名だという。


 著者が研修で気をつけていることは
 「少ない言葉」で「ていねい」に
 「正しそう」なことを言うこと。


 相手が自分の話を聞いたときに
 「わかりやすい」「なるほど」
 と思ってくれるのかどうかを
 考えているのです。


・私がしていることは、「理解」と「納得」をあたえていること・・実はそのために私が気をつけていることはたったの3つしかありません。「少ない言葉」「ていねい」「正しそう」(p12)


■私も注意したいなと思った点は、
 最初に話の前提・背景を
 説明することです。


 つまり、どれくらい重要なのか、
 どうしてこうなったのか、
 前提・背景を説明するのです。


 すべての人が前提を知らないとすれば、
 知らない人のために丁寧に
 前提を説明すべきなのでしょう。


 仮に、ほとんどの人が背景を
 知っていたとしても
 「丁寧な人だな」という
 印象を与えられるのです。


・重要な会議やプレゼンの冒頭などでは、必ず前提の確認から入りましょう・・・開始1分間で、前提の確認をする(p57)


■説明とは相手に理解されてはじめて
 有効になるものですので、
 最悪を想定して「ていねい」に
 説明すべきなのでしょう。


 「ていねい」ということは
 実は奥が深いのかもしれない・・
 と思いました。


 深沢さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・講師の仕事をしているときは、「ちょっと丁寧すぎません?」と突っ込まれるくらい丁寧に話します(p41)


・「概要を説明します。皆さんはそれに対する意見をまとめてください」・・・「して欲しい行為」を聞き手に伝えます(p58)


・あなたの伝える内容が「正しい」かどうかは重要ではありません。「正しそう」かどうかが重要なのです(p43)


・精神論を「数学的」に伝える・・・「コツコツ積み重ねが大事。8%増が5回続けば50%増ですから(p174)


・ロジカルに"わかる"人と、イメージで"わかる"人がいる(p113)


・「パーフェクトを100としたら、自己評価はどれくらい?」(p138)


・「"やる気"と"うんこ"は同じ。体内にないものは出ませんよね」(p98)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



深沢真太郎、大和書房

【私の評価】★★★☆☆(78点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

伝わるスイッチ 理論編
伝わるスイッチ 実践編



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: