本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠」ジョセフ・E・スティグリッツ

(2019年12月13日)|

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■スティグリッツ教授は、2001年
 ノーベル経済学賞を受賞した人。
 この本はリーマンショックの2007年から
 2014年のエッセー集となっています。


 大学で経済学を教えた後、1993年から
 クリントン政権で大統領経済諮問委員、
 1995年に委員長に就任。
 1997年に世界銀行上級副総裁。
 2000年に大学教授に戻っています。


 豊かなのに貧困層が存在する
 現在のアメリカの不平等について
 暴動や社会不安につながるのではないかと
 警鐘を鳴らしています。


・アメリカの若年層の失業率は、およそ20%・・望みどおりフルタイムの仕事にありつけない人々は、6人に1人。食糧切符を支給されている人は、7人に1人(p131)


■グローバル化による仕事の海外移転で
 給与レベルが抑え込まれる一方で、
 経営者は巨額の報酬を得ている。


 学歴で年収が決まるため
 学生ローンを組んで大学に通う人が多く、
 その20%はローン返済に困っている。


 高度医療が発達している一方で、
 保険が高額なために富裕層しか
 医療を受けることができない。


 多量の農産物を生産している一方で、
 今日食べるものがなく食糧切符に
 頼っている人が7人に1人。


 アメリカではこうした矛盾が
 拡大しているというのです。


・数百万人の貧困層を抱える富裕国・・・・どの先進諸国よりも、子供の将来が親の収入と学歴に左右される国・・最富裕層の税率がほかの層よりも低い国・・アメリカ社会の特徴と言うべき巨大格差(p146)


■スティグリッツ教授の提唱するのは、
 お金持ちに金を配るのではなく、
 貧乏人にお金を配分することです。


 お金持ちや企業を優遇するのではなく
 底辺の人々の底上げをするこで
 経済が活発化するのではないか。
 日本のアプローチに近いと感じました。


 エッセイ集なので
 同じようなテーマが続き
 辟易してしまいました。


 スティグリッツさん、
 よい本をありがとうございました。

───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・不平等は総需要と経済そのものを弱体化させる・・頂上の人々は底辺の人々より金をつかわないため、需要全体を弱めることとなる(p28)


・アメリカ人の上位1%は、毎年、国民所得のおよそ4分の1以上をふところへ収めている。所得ではなく資産で見ると、上位1%は総資産の40%を支配している(p124)


・経営陣と一般従業員との所得格差・・アメリカ大企業の場合、格差はまだ500対1には達していないものの、世界大恐慌の前の水準はすでに上回っている。(企業幹部の報酬を抑制してきた日本は、希有な例外と言っていい)(p165)


・2012年末、学生債務者の約17%は、支払いが90日以上遅れていた・・四年制大学の学費と寮費と食費は、平均で年間2万2000ドル弱(p213)


・アメリカは世界有数の病院、研究大学、先進医療センターを擁している・・男性の平均寿命は、スイスやオーストラリアや日本より約四年短い(p232)


・アメリカ企業が支払っている法人税は、公称では先進国でも高めの水準とされるが、実態はまったく違う。報告利益に占める税金の割合を見ると、合衆国の連邦税はたったの13%にすぎない(p153)


・彼(大投資家のウォーレン・バフェット)が支払う税率は秘書より低かったのである・・・いくら保有資産の価値が上がっても、売却によって利益が実現しないかぎり、税金を課せられることはない(p238)


・税制改革案・・・第一に、良いものではなく悪いものに課税すること。労働や貯蓄ではなく、公害や投機に課税するのだ。第二に、土地や石油や天然資源など、課税しても消えないもの・・に課税すること。第三の原則は・・社会に犠牲を強いるような活動は抑制する・・(p173)


・クリントン政権の財務長官時代、サマーズは銀行業界の規制緩和を支持しており、グラス=スティーガル法の撤廃は、アメリカの金融危機に重大な役割を果たした・・将来的にデリバティブが規制されないよう保証する法案の成立であり、この意思決定は金融市場崩壊の一因となった(ウォーレン・バフェットはデリバティブを、"金融の大量破壊兵器"であると正しく認識していた(p306)


・洪水のごとくあふれる流動性は、住宅ローン市場での資金調達を容易にし、普通ならローンを借りられない人々にも融資が許可された(p73)


・格付会社は・・F格付のサブプライム住宅ローンを、年金基金が安心して保有できるA格付の証券に転化させた(p82)


・農業補助金に注ぎ込まれる莫大な資金は・・必要とする以上の農産物が生産される・・過剰供給は世界の農産物価格を押し下げ、開発途上国の農民に被害を与える。他方、数百万人のアメリカ人は飢餓に近い窮乏生活を送っている。彼らは食糧切符で食いつないでおり、スタンプ受給者の大多数は一日の生活費が4ドルあまりである(p312)



ジョセフ・E・スティグリッツ、徳間書店
【私の評価】★★★☆☆(73点)

[楽天ブックスで購入する]



■目次

Prelude 亀裂の予兆
第1部 アメリカの"偽りの資本主義"
第2部 成長の黄金期をふり返る(個人的回想)
第3部 巨大格差社会の深い闇
第4部 アメリカを最悪の不平等国にしたもの
第5部 信頼の失われた社会
第6部 繁栄を共有するための経済政策
第7部 世界は変えられる
第8部 成長のための構造変革
余波 すべての人に成功の基盤を


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: