「陰山手帳2020(1月始まり版)」陰山 英男

| コメント(0) |

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2020(黒)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■「百ます計算」で有名な
 陰山先生の手帳です。


 陰山先生のメソッドは、
 正しい生活習慣と反復練習で
 人の能力を高めるもの。


 陰山メソッドが右ページの上部に
 陰山コラムとして書かれてあり、
 一冊の本とも言えるものです。


・「早寝・早起き・朝ごはん」を大切にすると、パフォーマンスの向上に結びつく。重要なのは「朝の使い方」である(12月23日~12月29日)


■面白いのは、教育改革をしようとして
 なかなか実現できなかった
 陰山先生の学びがあることです。


 大きな改革をやろうとしても
 周囲に反対されて潰されるだけ。


 まず、小さい成功を積み上げよう!
 と自戒しているところは、悔しい
 体験が身に染みているのでしょう。


 それでもやり続けていれば、
 小さい成功からここまでくるという
 実績を作られているのです。


・いきなり大きなことをやろうとしても、反対され、つぶされてしまう。大切なのは、まず小さくても目に見える成果を出すことだ(6月1日~6月7日)


■私の手帳はフランクリン・プランナー
 ですが、手帳が人生を計画するツール
 であることに変わりはありません。


 過去の手帳を読み返しながら、
 紙の手帳に自分の気持ちを書きながら、
 将来をデザインするのです。


 やはり紙の手帳がいいですね。


 陰山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・手帳は人生を客観的に見て、どうデザインするかを考えるためのツールだ(4月13日~4月19日)


・使い終わった手帳は捨てずに・・ことあるごとに「去年の今頃は何をしていたのか」と振り返るのだ・・ヒントは過去にある。戦略を立てるときに、過去の振り返りは有効だ(11月25日~12月1日)


・大切なのは「生活習慣」である。特に食事と睡眠を改善すると、人生のパフォーマンスが上がる(12月2日~12月8日)


・人生がうまくいかないときほど日記を書くと効果的だ・・・紙に書いてみると、意外と「しょうもないことで悩んでいるな」ということに気が付く(3月9日~3月15日)


・すでにコンプレックスを持ってしまった人間を伸ばすにはどうすればいいか。有効なのは、難しいことだが「悔しさ」を持たせることだ・・へたに受け入れ、他者への責任転嫁を認めてしまうと抜け出せなくなる。今の自分を悔しいと思わせ、克服の方法を示すことである(10月19日~10月25日)


・子どもには「音読」させるとよい。きちんと発音・発声させることが重要なのだ・・同じことを言っても伝わりやすく自信を持てるようになる(9月7日~9月13日)


・子どもの吸収力はすさまじい。「子どもはそう簡単に伸びない」と思うのは、子どもを伸ばす方法を知らないからだ(10月26日~11月1日)


・子どもたちを最短時間・最短距離で学べるように指導したら、現状の1~2割ですむ。私はどうしても覚えなければいけないことだけを集めた「たったこれだけプリント」という教材をつくっている。これを5月の連休までにやらせてしまえば、1年分は終了する(12月21日~12月27日)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2020(黒)
陰山 英男
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 786

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

 年間カレンダーページ
 月間カレンダーページ
 プロジェクト管理ページ
 週間予定ページ
 キャッシュフロー管理表
 1行日記
 10大ニュース
 大きな目標を達成できる3年計画



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)