本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「防衛駐在官という任務 38度線の軍事インテリジェンス」福山 隆

本のソムリエ 2019/09/17メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~ (ワニブックスPLUS新書)


【私の評価】★★★★☆(80点)


■著者は1990年から3年間、
 大韓民国防衛駐在官として赴任し
 その任務を記録した一冊です。


 1990年にはベルリンの壁が消滅し、
 1992年には中国と韓国が国交正常化、
 北朝鮮は後ろ盾を失い追い込まれます。


 その頃から北朝鮮と韓国が
 非核化協議がスタートし、
 1993年には米朝交渉が始まり、
 朝鮮半島情勢が大きく動いた時代です。


・ロシアが相対的に地盤沈下するという情勢下で、北朝鮮は中国のみに頼らざるを得ない立場に追い込まれている・・このまま資源・利権を中国に切り売りして「糊口(ここう)を凌ぐ」状態が続けば、いずれ中国に飲み込まれ、事実上「第二のチベット化」されることを北朝鮮指導部は恐れていることだろう(p17)


■著者の分析では追い込まれた北朝鮮が
 韓国へ攻撃を開始する可能性があると
 分析しています。(または、米国が
 北朝鮮核基地を攻撃する可能性)


 その一方で、北朝鮮との残虐性を
 記憶している韓国の朝鮮戦争世代が引退し、
 統一朝鮮を夢見る若者が増えている。


 現在の文在寅大統領のような人が
 韓国の主導権を持つような雰囲気が
 当時からあったようです。


・世代交代が進み、「朝鮮戦争で北朝鮮の残虐性を心身に刻んだ老いた世代」から「北朝鮮を同胞と考える若い世代」に移りつつある(p180)


■2012年の本ですから7年前と
 現在とでは大きな変化がありますが、
 核という問題は解決されていません。


 また、朝鮮半島有事の際の、
 在韓邦人救出問題も当時から
 進んでいないように見えます。


 最悪を想定するためにも
 日本にも情報機関の強化が
 必要なのでしょう。


 福山さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・張成沢は中国で前立腺がんの治療を受け中国人脈を築いているとの情報がある。張成沢が中国の勧める改革開放政策に"呼応する勢力"のリーダーになる可能性がある(p21)


・北朝鮮はソ連と中国との間にあって、巧みに双方のバランスを取りながら自主・独立を貫いてきましたが、今後は中国の強い影響下に入らざるを得なくなると思います。北朝鮮としては、中国とのバランスを取るために、場合によっては、米国に接近する選択肢を模索するかもしれません(p50)


・各省庁間では、それぞれ自分の省庁の利害が最優先で、国益という観点から総合的に問題を捉えたり、解決しようという考え方は残念ながら希薄だ。その縦割り行政組織の弊害を少しでも緩和するのが出向官制度だと思う・・しかしうがった考え方をすれば、出向先省庁の情報を探るスパイ役なのかもしれない(p75)


・韓国軍の国軍機務司令部の将校は、旧ソ連や北朝鮮などの共産主義国家で、軍に対する共産党のコントロールを確保するために、軍内に配置された『政治将校』に相当するものだ・・・国軍機務司令官は、全軍将校の人事権まで握っている・・(p151)


・米国は、韓国を分刻みで監視している・・・韓国の中央情報部(KCIA)が、金大中を東京で拉致し、船で韓国に移送途中の対馬海峡で、同氏に錘を付けて海中に投棄して殺害しようとしたが、米国のCIAが差し向けた飛行機が船の上空に飛来し、これを阻止したといわれる(p172)


・「米国は日本を『電子顕微鏡と内視鏡』で詳しく観察しているが、日本は米国を『望遠鏡』でみている」と言えるほどだ。この情報格差・・日本の、米国の対日政策についての無知・・こそが日本を米国の「ポチ」状態にしているのだと思う・・独立国家として自立できることを担保する国家情報機関の創設を含む情報能力の強化が不可欠だと思う(p247)


・駐韓国防衛駐在官はあまりにも忙しすぎる。私は少なく見ても三年間で一千人以上の公的・準公的な韓国訪問者・旅行者の
 アテンドをこなした。これに加え、大使館の公的行事で拘束された・・・これがなければもっと情報活動に専念できるのに、と思わずにはいられなかった(p229)


・韓国軍人の酒文化は凄まじい。ウイスキーの一気飲みを延々と繰り返す。「オレの酒が飲めねーのか?」と脅迫する。その嵐の中で、情報問答を試みる(p235)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~ (ワニブックスPLUS新書)
福山 隆
ワニブックス
売り上げランキング: 363,191


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 時事ネタでみる情報分析の具体的方法
第1章 防衛駐在官とは
第2章 防衛駐在官の実務
第3章 防衛駐在官と軍事
第4章 防衛駐在官と情報



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: